走れ!軒下のOHV小隊!  のきしたレーサー HONDA S110 BENLY 










バックステップの取り付け 

画像 039
出番が来年に延びた「のきしたレーサー」。
延びたのをイイ事に作業をサボっていたのですが(笑)、なんとなく気になって眠れなくなって来たので
途中だったバックステップの取り付けをする事にしました。
固定方法は夜な夜な考えに考えたので、うまく行くと思います(汗)行動あるのみ!!

バックステップ・プレートの固定は一点はスイングアームピポットで落ち着いたものの、もう一点をどこで固定するかが問題でした。そこで左右をパイプで連結した上、フレームにクランプで固定したらどうか?ということになりました。
パイプは使わないハンドルを切り、クランプはハンドルポストを利用して留めてみました。ハンドルポストがタイヤに干渉しない様にフレームに穴を空け、ボルトで固定しました。
連結したお陰で左右ステップ位置も合い、体重を掛け踏んでみても大丈夫な位しっかり付きました。
転倒の際ダメージがどんな風に出るか不明ですが、修理は難しくない様に出来たと思います。
画像 034 画像 036

ただ一点問題が...スイングアームが深く沈んだ時、連結パイプとドライブチェーンが干渉する恐れが出てきました...(汗)
今付いているスプロケットは前17丁/後45丁なので、チェーン位置が上がり気味になっています。
後ほど前後とも歯数を落とし、リアサスペンションも取り替えるつもりなので、もう少しチェーン位置が下がる予定なのですが...どうだろうか??
連結パイプ位置の処理も、もう少し考えて見たいと思います。
画像 037 画像 038

フロントブレーキドラムも入手できました。
が、サイズは大丈夫なのですがチョット重たい!ノーマルに比べたらかなりの重量増になりそうです。
ブレーキ効きが上がり、見た目もカッコ良くなるのは大歓迎なんですが...エンジンも非力なので、出来るだけ軽さで勝負!?しておきたい所です(笑)
これの組み付けはもう少し考えてみます...
画像 041

実際に試走できる所まであと少し...タンク&シートの取付固定を残すのみです。
画像 044



出番は来年 

画像 019a
本日グッドオールディズ事務局から電話があり、5月4日の[2011@グッドオールディズ]の中止をお知らせ戴きました。
この度の震災でツインリンクもてぎも被災し、復旧を急がれていたそうですが、5月までには間に合わなかった様です。
少し残念ではありますが、来年までにはきっと周囲の状況も良い方へ大きく変わるでしょうし、沢山の人が笑顔で参加できるイベントとして復活する事でしょう。
たっぷり準備期間を戴けたと考えて、じっくりレーサー製作をしてみようと思います。
また今回参加に向け用意していた資金を、被災地復興の為寄付しようと思います。



のきしたレーサー仮組み 

画像 028
ようやく春めいてきた陽気の土曜日。
アパートの軒下にて、のきしたレーサー用に集めた部品を車体に仮付けしてみました。

タンクは最近のヤマハRZ50の中古を付けてみました。なのでYAMAHAマークが付いてます(笑)
タンク裏面を少し叩いて凹ませて載せました。少し太めな感じのタンクですが、考えていたイメージに近い感じです♪
長さも丁度良く、ドリーム50のシートとも相性良さそうです。
シートもタンクも乗っかっているだけなので、これから固定方法を考えたいと思います。
画像 029 画像 030 画像 025 画像 026

バックステップの付け方も色々悩みましたが、スイングアームピポットに一箇所固定・もう一箇所左右を丈夫なパイプで連結・連結したパイプをクランプでフレームに固定...という作戦でいこうと思います。
パイプはハンドルの真っ直ぐな部分を切って使い、クランプはハンドルポストあたりを使う予定です。うまく行けばフレームに穴あけのみの加工で、しっかり固定できると思います。
画像 033 

随分前に譲って戴いた、ヨシムラキャブレターが活躍できそうです。
どんな走りになるのでしょう...まだ気が早いか??(汗)
画像 024


1000の旅人号を分解 

画像 016
久しぶりに暖かく、すごし易い週末。
のきした基地にて、改造ベースとなるS110を分解しました。
2003年にこの車体を組んで以来、8年振りの外装分解です。
懐かしい当時の工作部分がいくつも出てきます。これで1000キロツーリングを3回(リタイヤ1回)、走ったんだなぁ...。

どんな格好になるのか試してみたくて...手元に有ったウルフT90のタンクを載せてみました。
長さも期待通りでいい感じです(^^) しばし跨ってみて、妄想走行を楽しみました(笑)
画像 012 画像 014


初めてのレーサー...となるか!? 

旧型オートバイの祭典『@グッドオールディズ』。
ツインリンクのHPによると、今年も5月4日(水)に開催される様です。
2008年から見学に行き、その迫力と楽しさに感動し、自分も参加してみたい!と思っていましたが...
今年こそやるぞ!と決心し、ようやく行動に出ました(笑)

出走する車両を用意する為、部品を集めなくてはいけませんが...どれも専門的で、なかなか取り付けも難しそうな物ばかりです。価格も...ウ~ム(汗)
自分のようなシロウトでも、なんとか形に出来るモノは無いだろうか?と探していた所...手頃なベース車両を譲って戴ける事になりました。ありがとうございます!!
届いた物がコチラです↓↓
画像 002
付けて戴いた書類によれば、ベース車両は近年のCD50の様です。
しかししっかりとしたセパハン、バックステップが取り付けられています。オマケにドリーム50のシートまで付けて頂きました。
レーシーな乗車ポジションを再現するには必要な部品達ですが、それぞれ揃えるとなると自分では頭もサイフもパンクしてしまう所でした...(笑) 一通り揃っているので助かりました。
画像 006 画像 007

最も興味深かったのはバックステップでした。
ベース部は他の車両の流用と思いますが、うまく取り付けられています。またがって踏んでみると、見た目以上にしっかりした作りでした。シフトリンクも付いてますし、ブレーキ引きもワイヤー化されていてべンリィ&カブ系ホイールならすぐ付けられそうです。
自分ではまだ製作&加工出来るか非常に怪しい部分です...助かりました。
画像 003 画像 005

このフレームにそのままエンジン載せて完成させるのか?と言うと...それじゃ面白くない!
今回入手した部品類を、アパートの軒下で眠っていたS110「1000の旅人号」に移植し、OHVレーサーとして仕上げる計画です。同じ系統のプレスフレームなので、シート&バックステップも安全に取り付けそうです。フロントフォーク径も同じなのでセパハンも使えます。車体周りはこれでOK???
この車体はのきした基地にて、コツコツと組み立てていきます。ロングタンク探さなきゃ!
画像 010