走れ!軒下のOHV小隊!  スポーツカブc115










錆スポ号・エンジン腰上チェック 

画像 474a
クランクベアリングを取替え、慣らし中の錆スポ号。
あまり回転を上げず、無理なく走らせているのですが...
アクセルを開け戻すとき、シリンダー辺りからかなり賑やかな音が出ます。
それにマフラーから白煙も...これじゃ1000キロは走れないなぁ。
もう一度分解してチェックしてみます。

気になるシリンダーヘッド&ピストンをチェックすると...
ピストンの頭にキズが出来ていました。ヘッドの縁に接触してしまった様です。
錆スポ号のシリンダーボアは55cc(42mm)ですが、ヘッドは50cc(40mm)の物を使っています。(以前オークションでC115ヘッドとして入手した物が、送られて来たのはC110の物だった...という事情で)
当然径が合わないのでヘッドに逃げを削って対処していたのですが、また当たってしまっていた様です。今度は当たらぬようしっかり削り直しました。
画像 476 画像 475

ピストンピンも手持ちの磨耗の少ないものを選び、交換しました。
右が今まで使用していたピンです。しっかり段が付いてしまっていました。
あと今回、思い切ってストックしていたスポーツカブC115用の新品ピストンも組んでみることにしました。これで白煙がおさまると良いのですが...。
今まで使用していたC105用ピストンに比べ、頭が盛り上がっていて圧縮が高そうです。
一緒にストックしていたボーリング済みシリンダーも組んでみます。本当はコンロッドをオーバーホールしてから使いたかったのですが...。
画像 473 画像 478 画像 472

組み付けて、また慣らし運転再開です。
ピストン&シリンダーが変わり、だいぶ落ち着いた音になりました。コンロッドのガタのせいかまだ少しシリンダーから音が出ますが、白煙はほぼ無くなりました。
ピストン交換の効果は大きく、キックの足応えが以前とぜんぜん違います。前のピストンでは手でもキックが下りたのですが、変えてからは足でないとエンジンを掛けられません。
発進&加速時もぽんぽんと車体が進むようになったので、慣らし運転が楽になりました。
今日も時速50km前後で、60キロほど走りました。
画像 477a



[2009/07/18 21:04] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(0)

クランクベアリング・リニューアル 

画像 463a
錆スポ号のクランクベアリングを組み付けます。
『スポーツカブ三昧』のstonehairさんがスポーツカブ用のベアリング&シール類を急ぎ送って下さり、早く作業に入れました。ありがとうございます!

クランクバランスを崩すのを防ぐために、今回はベアリングを圧入することにしました。
クランク軸にあるネジを利用して入れていく作戦ですが、適当な厚みの圧入カラーが無かったので古いベアリングを幾つか噛ませ、ねじ込み圧入します。
ベアリングを入れるコツ(ベアリングは暖め、クランクは冷やす!)を教えて貰っていたので、何とか無事成功しました。
画像 466

ミッション内部のベアリング&シールも新しく出来ました。
順調に組み込んでいたのですが、ここでひとつの問題&疑問に遭遇!
ミッション側のプライマリー・ギアを入れた時、ギアの側面が時折クランクのタイミング・ギアに当たり、擦れてしまう事態が発生しました。
これじゃまずいんじゃないかな...ミッションを組んだ際、シャフト部にワッシャーを入れ忘れたのでは?もしくはクランクベアリング&タイミングギアの圧入不足??
ガレージにいらしていた方と色々相談&チェックしながら組んではバラし、また組んで...を繰り返しましたが、問題は解決できず...。
いよいよ分からなくなり、アドバイスを戴くべくstonehairさんへ電話で覗った所、『その部分は当たっていても大丈夫』との事でした。そうか、そうだったのか...。
加工屋さんによってはタイミングギアに面取り加工を施し、隙間を作る事も有るそうです。
疑問解決に思わぬ時間が掛かりましたが、安心して組み付けられます。
画像 464 画像 467 画像 468

エンジンを車体に載せ、始動してみました。
エンジン自体には問題は無さそう...今回はエンジン腰上を変えていないのでノイズの感じは以前のままでしたが、フライホイールの不審な振れは無くなりました。ヨカッタ!
交換後のシール・ガスケット類からのオイル滲みも見られず、大丈夫そうです。
ただ思わぬところに不具合が...照明電線系に分解時ダメージを与えてしまったようで、ヘッドライトがめちゃくちゃ暗い!電線を手繰りジェネレータを外し探すと...あった!
ジェネレータ裏の電線取り回しが悪かったようで、フライホイールに当たったか何かで絶縁が剥がれ、銅線の露出している電線が見つかりました。分解し、被服を施します。
この際、しっかりチェックしておこうかな...各部接続をチェックしたり電線の間違いを探して、作業は夜半に及んでしまいました。
画像 470a

何とか作業が終わり、走れる状態になりました。遅くまで一緒に付き合った下さった方々、感謝です!
走行フィーリングはまだ振動やノイズは有るものの、『ピュ~ン』というジェネレータ周りからの音が淀み無く滑らかに聞こえるようになったかな...
少し慣らしの為、こまめに乗る様にしたいと思います。
画像 471a


[2009/07/13 23:29] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(0)

1000キロ走破に向けて 

画像 451a
まだ長距離ツーリングに出かけたことの無い、スポーツカブC115『錆スポ』号。
今年の『水戸藩カブ・1000キロツーリング』に出走する為に、準備をすることにしました。
手始めに、一番大事なエンジンから。

先日スポーツカブに詳しいstonehairさんが来られた際、錆スポを見てもらいアドバイスを戴きました。
その中で一番気になったのが、クランクベアリングについてのお話でした。
『クランクベアリングが悪くなってくるとフライホイールが振れて、点火タイミングがずれ易くなったり、ポイント磨耗が激しくなったり破壊してしまう事が有ります』
あ、それは思い当たる!以前ツーリングに出た際、出先で新品の点火ポイントが破壊し、何とか取り替えたことが有ったっけ...
それにエンジンの発電機カバーを開けてエンジンを掛けると、少しゴロゴロ音が有る気がするし...
これはチェックする必要が有りそうです。

組み立ててから、約一年半ぶりにクランクケースを割ります。
ヘッド&ピストンは少しカーボン付着が有りましたが、まあまあ良く燃えていそうな感じでした。
シリンダーにも気になるキズは特になし...。
画像 453 画像 454 画像 455


問題のクランクは...
結構くたびれている様です。コンロッド・横方向の振れ幅が約1mmほど。縦方向はほとんどガタを感じませんでしたが...。
気になる大腿部ベアリングは目視でも分かるほど、グラグラしていました。特にフライホイール側のベアリング磨耗がひどい様です。慌ててstonehairさんへ電話で問い合わせ、クランクについてアドバイスを覗いました。
コンロッド横方向振れについてはまぁ大丈夫だろうとの事でした。縦方向にガタが出るのは危ないそうですが...クランクピン側・小端部のガタもチェックしてみると良いとのアドバイスも戴きました。
大腿部ベアリングは要交換です。

プーラーを使いベアリングを抜きました。ベアリングサイズは6204と6304でした。
手で回してみると引っ掛かりが有ったりして、明らかに摩滅しています。見ておいてヨカッタ!
あいにく手元には合うサイズが無し...。
ネット工具店で売っていたので早速注文。来週には組み付け作業に入れると思います。
画像 457




[2009/07/11 02:06] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(2)

錆スポ・ブレーキ復活! 

DSCF0011_20090705223617.jpg
うちの錆スポ号のフロントブレーキが、ようやくオリジナルに戻りました。
これで堂々と「スポーツカブ」を名乗れるかな?(笑)

それまでC100仕様だったフロント廻りは、前回の作業でだいたい交換済みです。
一気に組めるかな?と思ったのですが、予想しなかった問題に直面!
なんとメーターケーブルが取り付けできない??新たなパネルの受けネジとケーブルのネジサイズが違い、ブカブカです。パネル側が細い様です。
後で教えて頂いたのですが、年式でサイズが2種類有るそうです。
とりあえず何とかしないとなぁ...ということで今まで使っていたパネルからネジ部だけ抜き取り、付けてみました。ところが今度はネジ⇔パネルの間の隙間が足りず、ケーブルをまた付けられず!パネルの形状まで少し違いが有る様です。知らなかった...。
パネルを少し削り、隙間を作って何とかケーブルを取り付けることが出来ました。
貴重な部品を削っちゃった...なんだか勿体無かったナァ...。
画像 438 画像 439 DSCF0013_20090706212058.jpg

C200のトルクロッドを流用し、C100のブレーキアームを使い、何とか形になりました。
このブレーキアームも長さが2種類有るそうです。このパネルにはC100の物が無理なく付きました。
試しに走り、ブレーキを掛けると...うん、この感じ!
フロントが制動時にピョコピョコ浮かない様になると、なんとなく安心です。

今年の水戸藩カブ1000キロツーリングへも、錆スポ号で行けそうな気がして来ました(^^)
DSCF0014_20090705223557.jpg

[2009/07/06 21:57] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(2)

スポカブのブレーキ周り 

画像 437a
先日の連休で茂木に行った際、『スポーツカブ三昧』のstonehairさんが
スポーツカブの前サスペンション・リンク周り部品を譲って下さいました。
お蔭様で我が錆スポも、フロントブレーキを純正仕様に戻すことができます。
ありがとうございました!

去年入手したブレーキパネルと合わせ、組付けします。
自分の錆スポ号はフロントブレーキ&サスリンク周りに、カブC100の物が付けられています。
パネルだけ変えれば良いのかな?と思い以前試したのですが、左右リンクアーム間距離が狭く入らず!
今回譲って戴いた部品のアクスルシャフトを見てみると、若干長さが違います。スポーツカブの方が広い様です。ブレーキパネル側のリンクバー形状も逃げが有り、まるで別物です。
う~ん、こんな所もスーパーカブとスポーツカブは違っているとは!話には伺っていたのですが...
画像 438 画像 439 画像 440

カラー等を移植し、組み付けてみました。
うん、こっちの方が良いですね。スポカブらしい!
ブレーキパネル上方に付くトルクロッドは、後日作るか、近い形状の物を探すかしてみようと思います。
画像 441


[2009/05/12 21:25] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(2)

スポーツカブ散歩 

画像 436a
雨が上がり、さらりと晴れた休日です。
久しぶりに錆スポ号を引っ張り出し、近所を走りました。

錆スポ改良も、少しづつですが進めています。
振れの出ていたリアホイールを交換。スポーク調整で何とか修正を試みていたのですが、リムに結構な曲がりが有るのか、自分にはちと無理でした...。
スポカブ用は手に入らなかったので、見た目の近いC65の物を使いました。
キャブレターも先日入手した物と交換。吹け上がりもスムースになり、頻発していたカブリも解消。なかなか快適な走り心地です。
折れてしまったオイルラインを細身の燃料パイプへチェンジしてみました。オイルの循環も目に見えるし、これで暫くは心配無い??
違和感は有りますが...(笑)
画像 433 画像 435

陽気が良いので、ジュノオの塗装もやってしまいます。
フレームの下回りは雨天時のサビや飛び石キズを防ぐため、シャーシーブラックを塗ってみました。
画像 437 画像 438


[2009/03/21 05:14] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(0)

錆スポが懐かしい 

DSCF0007_20090304204517.jpg
このところなかなか物置に作業しに行けず、行ってもジュノオをこねくり回してばかり。
そういえば錆スポはどうしてるかな...?
すこしあのライトな走りが懐かしくなってきました。

ふと、「車種不明」で売りに出ていたキャブレターを手に入れました。
この形は...もうお分かりですよね(^^)

気になる内部は...かなり良し!
ずっとフロート・パンクによる不調に悩まされていましたが、これならいけそうな気がする~♪
今週末試してみようと思います。
ジュノオの方も、頑張って錆落としを続けていきます。
DSCF0004_20090304204535.jpg

[2009/03/04 20:57] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(0)

錆スポ、アルミヘッド復活 

画D60B~2a
C100錆カブ号を無事送り出した後、今度は錆スポ号に取り掛かります。
バルブシートカット済のアルミヘッドを取り付ける為、悪くなったネジ穴をリコイルします。

ヘッドカバーを取り付ける4箇所の穴は、すべて駄目になっていました。6.5ミリのドリルで、リコイルの為の下穴を開けます。
とはいえ素材はアルミ...ボール盤のレバーを下げドリル刃を当てるとき、狙いが外れないか緊張で息が止まります(笑)深さも慎重にチェックしながら掘って行きます。
何とか無事開け終えました。タップを立て、リコイル材を挿入し完了です。
画像 309 画像 308

さて、組み立てです。
リコイルしたネジ穴はしっかりと、トルクレンチで締めるボルトを受け止めてくれます。
やはりアルミヘッドはカッコ良いですねぇ...スポーツカブはやっぱりコレじゃなくっちゃ(^^)
エンジンを始動すると、音がちょっぴり違う気がします。乾いていてよく回りそうな音です。
画像 311

ヘッドが治ったのが嬉しくて、勢いでそのままツーリングに出掛けました。
が、今期一番の朝の冷え込みをまともに受け、バイクでなく身体の方が不調に!!
寒いはずなのに冷や汗が出て来る...あえなくリタイヤとなったのでありました...。

実家で休ませて貰い、回復して錆スポで帰路に着きます。
修理したアルミヘッドはなかなか調子が良い様です。クラッチも治ったのでよく走ります。
平地・追い風で80キロ前後まで伸びてくれました。
調子に乗って走っていると...ふと左足が濡れている事に気が付きました。
何だろう...あ!?オイルが!
またもやオイルパイプが折れていました。折れてから結構時間が経っているのか、車体中オイルまみれになっていました。何とリアタイヤまで!
バッテリーのドレーンチューブを切って使い応急的に繋ぎ、恐る恐る帰ります。
ココは今後の為にもそっくりゴムチューブに変えてしまおうかな...。
画像 312 画像 313


[2008/12/08 23:08] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(4)

スポカブ・クラッチ強化作戦 

画像 290
ツインリンク茂木で開かれているホンダ・サンクスデイへ参加しているはずの...月曜日です(泣)
ガレージにて、滑りの治らない錆スポのクラッチを再検証します。
この部分の分解は昨夜から3回目です。いい加減ガスケットがふやけて来て破れそう!
慎重にケースを外します。

手持ちのC100&C115クラッチ部品をかき集め、使えそうな物を探してみます。
色々見比べているうち、同じ様に見えるクラッチ板にも「違い」がある事に気が付きました。
どれがスポーツカブで、どれがカブだったか忘れましたが...クラッチ・フリクションディスク「芯」の金属板が厚い物と、薄めの物とが有りました。
どれかが単版式用、又は多版式用なのでしょうか...それとも年式??
手持ちのクラッチ板は厚さが大体三種類有り、現在付けていた物は中位の厚みでした。
錆スポへは、最も厚みのあるタイプを選んで使ってみることにしました。
画像 292 画像 288 画像 289

次はスプリングを選びます。
現在使っているスプリングはヘタリ感は無いのですが、ちょっと力不足な感じです。
新品を持っていないので、張力を比較できないのですが...。
試しにC100の遠心クラッチ内部に使われているスプリングを出してみました。スポーツカブの物より長さは短い(中画像・左)ですが張力はずっと強そうです。丁度8本有ったので、錆スポ・クラッチに組みつけてみることにしました。
スプリングの長さが短い分、ワッシャーを2枚づつ入れ嵩上げして組み付けます。
画像 285 画像 286 画像 287

またクラッチ不良で分解することはありませんように...祈りながら組み立てて行きます(笑)
ステップを付けようとした時、ふとの汚れの下から覗く「サンタンカラー」に気が付きました。
まさか錆スポの新車時の色がサンタンカラーだった!?...な~んて事は無いですよね(^^)
きっとどこかでC100カブの物が紛れ込んだのでしょう。
画像 294

組み付け後...ドキドキしながらキックを踏んで見ます。
分解前は2,3回踏むと「ヌルッ」とした感触で滑っていましたが...今度は大丈夫!やった!
クラッチを握りキックを踏み空転させ、また戻して踏んでみてもしっかり繋がっています。クラッチレバーの手ごたえもグイッと切れ、頼もしくなりました。
あいにくの冷たい雨の為試乗は出来ませんでしたが、たぶん大丈夫と思います。
画像 295

[2008/11/24 20:42] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(4)

クラッチ滑りに悩む 

DSCF0036_convert_20081123235315_convert_20081123235417.jpg
24日にツインリンク茂木で開かれる「Super Cub Special Meeting」。
参加準備のため、錆スポの走行チェックしていた時の事です。
幹線道路に出て、アクセルをワイドオープンした瞬間...「ブブブ...ビュイ~ン!?」
突然エンジンがトップ4速・60キロ付近で空転を始めました。クラッチ滑りが発生した様です。

実家にに立ち寄り、クラッチをチェックしてみます。
フリクションディスクはまだ交換してからそれほど走っていない為、減りは見られませんでしたがクラッチのローター側に著しい擦過跡が付いていました...まるでレコード盤の様!
手で触ると凸凹がくっきり出ています...これじゃ滑りそう!
DSCF0037_20081123234741.jpg DSCF0039_20081123234806.jpg

実家の台所の下からまだ未使用の砥石を発見したので、これを使って修正を試みます。
傷が深いのか、なかなか綺麗になってくれません...研ぐこと30分。
なんとか擦過傷は消えてくれました。最後に粗砥石で磨いて仕上げます。
だいぶ研いだけれど、薄くなってしまったかな?
DSCF0040_20081123234826.jpg DSCF0041_20081123234847.jpg

クラッチディスクの方も研いで仕上げ、組み立てていきます。
スプリングをどうやって縮めるか...考えた挙句、フライホイールプーラーを使い圧縮することに。スポカブのクラッチは単版なので上手くネジが届き、締め付けることが出来ました。
DSCF0042_20081123234911.jpg
さて組み付け後、治ったかな?
走り始めて5分後...またまた滑りが発生!修正前ほどではないのですが、明らかに空転を感じます。トップスピードも70キロ止まり...またケース開けなくっちゃ...。

クラッチスプリングも弱ってるのかな...。スプリングの下にワッシャーを敷いて嵩上げしちょっと強化?してみます。スポカブ乗りの方々も良くやっておられる方法の様なので、上手く行くかも!
DSCF0046_20081123234943.jpg

取り付け後走行してみると...また滑りが発生!(泣)
時速50キロまでの発進&加速はまったく問題ないのですが、60キロ近くなるとやはり空転が始まってしまいます。走ることは走りますが、これじゃチョットなぁ...。
フリクションディスク等ももう一度、新品をそろえてまた組んでみる必要が有りそうです。それとも平面出しの際、削りすぎてしまったのか?
明日のイベントには自走で参加は難しそう...あぁ悔しい!!(涙)
DSCF0032_20081123235002.jpg


[2008/11/24 00:34] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(0)