走れ!軒下のOHV小隊!  あともう少し...










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あともう少し... 

DSCF0012_20080228211816.jpg
半年くらい前にうちに来た、CS90アルミシリンダーエンジン。
ピストンががっちり固着していたので分解できず、そのまま[油漬け]して放置していました。
ふと今日思い出したので、シリンダー抜きに挑戦してみました。

ピストンの固着はなんと上死点付近...難問です。
ピストンはどのみちダメなので、ハンマーで叩いて固着を剥がし抜く作戦ですが
このシリンダーはアルミ製、手元が狂ったら破壊しそう...
安全を確保しようと、スタッドボルトを抜いてしまうことにしました。
ダブルナットを噛ませ、3本までは無事抜けたのですが...4本目で「ボキッ!」
やってしまいました...(涙) ケースの問題はまた後ほど考える事にします...。

さて、ピストンを叩いてみます。
半年前はビクともしなかったのですが、2,3回叩いてみるとピストンが引っ込みました!
油漬けの処置が効いていたみたいです、やった!
なんと錆での固着はシリンダーのほんの上部だけで、他の部分は以外に綺麗でした。
画像 197
よし、これで綺麗に抜けるかな?と思ったのですが...
あともう1,2センチの所で、また引っ掛かってしまいました。やはりトップリング付近の錆が酷いのでしょう...。バーナーで炙ってやれば上手く抜ける??
なんとかシリンダーも「ノーダメージ」で来れたから、最後は慎重に行かないと...。
このまましばらく油漬けして置いて、また挑戦してみようと思います。
画像 198

スポンサーサイト

[2008/10/03 19:41] のきした | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/77-d9260dcd


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。