走れ!軒下のOHV小隊!  NSU MAX 腰下組立










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NSU MAX 腰下組立 

IMGP0590a.jpg
部品と洗浄を終え、組立を始めています。
構成は明瞭で組み立てやすそうなのですが、初体験の仕組みが有り手こずりました。
解って組み終わってしまえばどうって事無いのですが・・・鈍い私は謎解きに2日掛かってしまいました(笑)

左下画像の様にミッション&クランクをセットして、右下画像のケースを被せます。
ここで右下画像ケース内に有る扇形のギアと、ミッションのシフターの歯車を噛み合わせてやらなくてはなりません。
始めはミッション側をニュートラル位置にし、ほぼあてずっぽうで扇ギアの位置を決めてケースを被せていたのですが・・・シフトが動かず、全く機能しません・・・
またある時は4速有る筈のギアが足りません・・・扇形ギアとシフターの噛合いはきちんと位置が有るようです。
しかしケース被せる時は中は見えませんし、ずれ動くことも有ります・・・どうやって位置合わせしたら良いのか!?
1日目はケース開け閉めの繰り返しで暮れて行きました。
IMGP0590.jpg IMGP0570.jpg
2日目・・・扇形ギアの付くケースの外側に、メクラ蓋の様に一本何も留まっていないボルトが有るのを見つけました。
位置は丁度扇ギアの真裏に有り、覗き込むとギアの歯が見えました。
!?・・・もしかしたら、組立用の何かかしら??
その穴から爪楊枝状のかけらを入れてギアに挟み、ケースを被せてみました。今度は組立時にギアがずれ動いてしまう事無く、きちんと4段変速機構が作動しました。
メーカーはちゃんとヒントを設けていたようです・・・自分が何処か思い込みで、それに気が付いて無かっただけなのですね。いい勉強になりました・・・

余談ですが、我が小隊にまたOHVカブをお迎えしました。今度は自分用です。
今度OHVカブを手に入れる時は、絶対に昔乗っていた青色と同じ色の車両を・・・と思っていましたが、身近な所で非常に良い状態の車両のお話しが有ったので、喜んで譲って戴きました。
OHVカブも最近では気軽に探せる車両ではなくなってきている様な気がしますし、旧車は一期一会ですしね。
しかしなんと車体番号はC105-G・・・私が昔乗っていた青いOHVカブもG型でした。色は違えど同じ型番・・・なんとなく嬉しくなりました^^♪
このカブで今年の24時間チャレンジ1000に参加します。
IMGP0592.jpg

スポンサーサイト

[2015/05/27 23:12] NSU MAX 250 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/416-c90f6b57


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。