走れ!軒下のOHV小隊!  ジュノオエンジン 謎の相違部分










ジュノオエンジン 謎の相違部分 

140417_115727.jpg
分解保管していた車体が大体組めスペースが出来たので、稼働中のジュノオも作業します。
先日のツーリングでブリーザーから白煙を吹いた原因確認と、エンジンを切り離し保管している物と取替えが目標です。
交換予定の保管エンジンも以前稼動させていて、高速道路を走った事も有る調子の良かったエンジンです。

上側が白煙を吹いたエンジン(刻印C145)、下側エキパイの付いたままの方が新たに付けるエンジン(刻印Y105)です。
ここからは故障エンジンの具合原因は見えません。やっぱりケース分解するようです。
2機見比べていると、オイルポンプ廻りの作りが少々違っていました。どちらが古いのか不明ですが、ドレーンボルトが有る無しの他材質も少し違う様です。
この他にもう1点、気になる違いを見つけました・・・
140417_141214.jpg

クランクシャフト後端部(丸く花の様に見える部分)の両脇の丸穴はカムチェーンの所まで貫通していて、覗くとカムチェーン廻りを少し見ることが出来ます。右側の穴からはカムチェーンテンショナーローラーが見えます。
左の穴からはカムチェーンにオイルを給油するラインが見える筈なのですが・・・
140417_141400.jpg
左画像:載せる予定のエンジンには何も付いていない様に見えます。
右画像:外したエンジンにはバンジョーボルトとパイプが見え、給油ラインが有るのが分かります。
載せる予定のエンジンは、このオイルラインが省略されている???どちらが先なのか不明ですが、エンジン内部にこんな変更が施されていた事が確認できました・・・
う~むジュノオ、奥が深すぎる・・・
 140417_141336.jpg 140417_141352.jpg

実はこの部分の違いは少し前に他のジュノオ仲間の方が修理中発見され、そういうエンジンが有るよとの情報は聞いていました。その方は自作でオイル給油ラインを追加されたそうです。
しかしうちのエンジンにも有ったとは!驚きでした^^;
カムチェーン給油ライン無しのエンジン・・・使うのはどうかと悩みましたが、一旦こちらで組む事にしました。
140417_130029.jpg
外したエンジンはこの車体の作業後、分解して中を見てみます。
まだまだ作業は続きます・・・



追記:カムチェーン給油ライン(オイルガイド)の無かったエンジンは、外したエンジンが修復できたら再度載せ換え、対策を施してみようと思います。
対策についてはベンリィ90 C200のタペット給油ノッズルを参考にした腹案が有りますが、まだ思案中です・・・

スポンサーサイト

[2014/04/18 00:17] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/382-5dab9aaa