走れ!軒下のOHV小隊!  装置の見直し&フレーム塗装










装置の見直し&フレーム塗装 

先日、作業中のスーパーチャージャー付エンジンを水戸藩カブの集まりに持って行き、皆さんに動く様子を見て貰いました。
皆さん予想以上に興味を持って見て下さり、色々ご感想・ご指摘も戴けました。ありがとうございました!
それを参考に、手直しを進めて行こうと思います。

ご指摘有った件のひとつに、インマニ接合部・はんだ付けの強度や耐熱は大丈夫?という件が有りました。
試運転の後自宅に持ち帰っての分解中、この部分にクラックを発見。引っ張ると千切れてしまいました。
使用したはんだが柔らかく、エンジン熱や振動に耐えられなかった様子です。
この部分はもっと強い銀ロウ等で、しっかりやり直そうと思います。
140217_160334a.jpg

チャージャー装置内部です。
この側面の透明部分からローターの回っている様子や、吸い込まれ霧化したガソリンが攪拌される様子が見えるのが好評でした。^^
しかしやはりインペラー軸廻りからの二次エアー吸い込みが有り、エンジン回転が不安定になってきました。
ベアリングに両面シール付を使い、ベアリングホルダー間に固めのグリースを充填し何とか抑えてはいますが、走行するようになるとそれでは間に合わなくなりそうです。
オイルシールを追加出来るように、仕様変更を考えています。
140304_144613a.jpg 140304_144602.jpg

フレームの塗装も始めました。
自分の保管も悪くかなりサビが多かったため、今回ははじめて「錆転換剤」を使ってみました。
説明に赤サビに浸透し黒サビに変え、その上から塗装が出来るとありました。
使ってみるとしっかり効いたようで、その後サフェーサーもひび割れ浮いたりせず、きれいに乗りました。
今更ですが、便利なものが有るんだなぁ・・・と感心しました(笑)
でこぼこが残りますが今回はこのままで・・・サフェーサー色&クリアー仕様で塗装することにしました。
140311_165826.jpg 140311_165857.jpg


スポンサーサイト

[2014/03/13 11:12] 合体改造など | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/373-656bf5f0