走れ!軒下のOHV小隊!  スポークを組み立ててみる










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポークを組み立ててみる 

画像 089
入手したリムと元々付いていたホイールのハブ&スポークを使い、組み立ててみました。
一見新たに組んだ物とは思えない外見です(笑) 強度は大丈夫...と思います^^;

スポークを組む際、状態の良い部品で組もうと思いホイールを部品取りの前後2本、復旧中の車体に付いていたフロント16インチのもの、と計3本のホイールを分解しました。
ところがコレが面倒の始まりでした...皆部品がどこか違うのです。
16インチの物のスポークが違うのは勿論ですが、JCの前後でもスポーク本数が違う為かスポーク形状が微妙~に違っていました。眼で見ると違いが分かり辛いのですが、ハブに通してみると反りが合わないとか、リムの穴に届かないとか、また反対に長すぎてはみ出すとか...色々です(汗)
部品が混ざらぬ様、ホイールごとにまとめていたのですが...JCホイールは何本かスポークが混在して組まれていたらしく、それに気が付くまでアタフタ迷いの連続となってしまいました...
スポークだけでなく、ニップルも3種類有りました...画像左がJCホイールの物、真ん中が16インチ化されたフロントに使われていた物で、両方ともブラス製です。右端はリムを入手した際、このリムに使用されていたとオマケに付けて戴いたモノで鉄製です。
新たなリムに組み込む際、JCのものではニップルのつば形状が広くリム内側に凸凹が強く出てしまい、チューブに悪影響が出そうで使用をやめました。また真ん中の物はリム穴に対し微妙に細く感じた為使いませんでした。16インチホイールには座金ワッシャーを噛ませ取り付けされていました。
結局オマケで貰った鉄製ニップルを使い組み立てました。JCスポークのネジに合うか心配でしたが齧りも無く、スムースに入りました。何とか組めてホッとしました。
画像 077 画像 090 画像 091 

軽くシロウト振れ取りをやってみました(笑)
大体は取れた気がしますが、ど~しても一箇所の横振れが取れません>< いや、一箇所というより全体にばらつきが有る為そう見えるのかも知れません...こんな振れのとり方だしなぁ...
振れ取りの上手な方にチェックしてもらおうと思ってます。振れだけでなく、スポーク付近の不備も指摘されちゃうかな...でも安全安心の為には避けられませんね。^^;
画像 093


スポンサーサイト

[2011/09/25 13:48] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(4)

お疲れさまです

実用化に向けて一歩一歩進んでいますね。
スポーク張りは調整が難しい??ですが
この分ですと、今年中には走れそうな予感です・・
今から楽しみであります
[2011/09/26 18:02] ヒラノM85 [ 編集 ]

有難うございます

ヒラノM85さまこんばんは。

ほんと難しいですね~^^;
ホイールくるくる回してたら、目まで回ってきます(笑)

今年中には走らせたいです、がんばります!
[2011/09/28 00:44] 管理人のきした [ 編集 ]

間違っていましたら御免なさい。

何時も拝見してます。

スポークの通し方ですが、この年式(58年式)の場合ホンダ車の多くは、全て「外」から「内」に通されています、写真を拝見すると「内」から通されて張られたスポークが「曲がって」居る様にみえます。


[2011/10/11 08:27] ホンダマン [ 編集 ]

ホンダマンさま、こんばんは。
コメント有難うございます。

なるほど、そうなのですか...初期C100等、内張りのも車両も有りますもんね。
一応外す前の状態に組んでみました...しかしそれが正しいのか不明ですが...(汗)
ネット上で検索できる他のJC58も参考にしてみました。

ご指摘のスポーク、実は若干アールが付いていまして、外→中に通してみるとホイールのスポーク穴の場所と違う方向になってしまい、悩んだ末ご覧の場所に張ってみた次第です...確かに苦しそうな張りですよねf^^;

もうちょっと調べて、張りを考えてみたいと思っています。

[2011/10/14 18:59] 管理人のきした [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/325-d18ee116


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。