走れ!軒下のOHV小隊!  足回りを分解










足回りを分解 

画像 062
暫く更新をサボっておりましたが、50年代への挑戦は諦めず続けています(笑)
JC58ベンリィ号...エンジンはもう掛かったので、今度はホイール&チェーン駆動系統の分解に挑戦です。

まずは見事に酸化を果たしたリムを分解していきます。
これはもうスポークニップルが緩まずスポークが折れるかとか、リムが崩れるか?を予想していたのですが、見た目に反してリムも叩くとまだ金属音がしますし、ニップルもちゃんと緩んでくれました。
ニップルとスポークが一個づつ破壊してしまいましたが...なんとか分解に成功しました。
スポーク&リム穴は36本、リム径は18インチ、幅は1.6位でしょうか。
スポークは前後ホイールとも同じ太さで、全長はおよそ190mm(ニップルネジ部含む)位です。ハブベアリングは6203が使われていました。
ちょっとニップルサイズが大きく見える他は現行品で代用し、復旧できそうな感じです。
自分はホイールの組み換えノウハウは全く無いのですが...なんとか使えそうな物を只今物色中です^^;
画像 052z 画像 051z

ホイールの次は、やたらと目に付く大きなチェーンケースを外します。
このチェーンケースはスプロケットハブの他、ブレーキまで内蔵している様です。全てAssyの状態で車体から外せました。
画像 047
縦に合わさるケースを割ると、スプロケット部が出てきました。
開けてみて解りましたが、スプロケットとブレーキドラムが一体になっていました。一体鋳造らしくスプロケットを外すことはできません(泣)スプロケット山は51丁、かなりローギアードっぽいです。
一方ブレーキシュー部分もチェーンケースに造り付けになっていて、外れません。シューライニングは予想通りペロリと剥れてしまいました。
この車体はチェーンケースとエンジンカバーを連結する「じゃばらゴム」が欠品しているので、走らせる時はチェーンケースを外しちゃおうかな~と思っていたのですが...駄目みたいですね!^^;
リアホイールを丸ごと、他車の物を流用できれば或いは解決ですが...似合うのを探すのは難しいかも!?
とりあえずブレーキシューは張替えに出し、ノーマル状態での復旧を目指します。
画像 a049 画像 a050 画像 a051

スポンサーサイト

[2011/07/05 19:44] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(2)

難解な構造ですね!!

なかなか凝った造りですね・
チェーンケースがブレーキドラムと一体ですか??
当時のホンダは色々と試行錯誤の末 5年後に
C200が生まれた感じですか??
これはオリジナルを生かしつつ完成させましょう!!
是非今年の「みかも」に・・・間に合わないかな??
[2011/07/05 22:59] ヒラノM85 [ 編集 ]

ヒラノm85様こんばんは。

そうなんです~懲りすぎです!(笑)
うっかりチェーンにグリス入れようものなら、ブレーキまで潤滑してしまう感じです^^; どうしましょうかねぇ...
みかものイベントに間に合ったら最高ですね...ガンバリマス!

[2011/07/06 19:26] - [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/316-7c8091b8