走れ!軒下のOHV小隊!  1950年代に挑戦!!










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1950年代に挑戦!! 

画像 017
突然ですが、わが小隊に1950年代生まれの『長老』をお迎えしました。
JC58ベンリィ号...10代の頃からずっと欲しくて、探していたOHV車です。
遥々長野から届けて戴きました。ありがとうございます!!

時代を感じさせる貫禄有るヤレ具合...でも車体もまだしっかりしています。
うん、カッコイイなぁ~^^♪
画像 005a

有り難い事に車体と一緒に、部品も多数譲って戴けました。
フレームをはじめタンクや外装部品、予備エンジンまで有ります。もう一台作れる位は有るかも知れません。
部品がそう簡単に無さそうな車種と思いますので、これは大変助かります...
画像 002 画像 003 画像 015

時間が有ったので、少しだけイジってみました。もう好奇心を抑えられません!(≧∇≦)
まず火が飛ぶか見ようと思い、フライホイール側ケースを開けました。このエンジンでは右側です。
ここで一つビックリが...キックを踏むと、フライホイールが逆転します!?(画像では反時計回り)
普通は進行方向へ回りますよねぇ...右側フライホイールなら、時計回りという具合に。
一体何が起こったんだ!?と思いましたが、このエンジンの特徴かも知れませんね...
点火方式はフライホイール内部に点火コイルを持つフラマグ点火タイプの様です。ポイントはフライホイールの外に有り、クランク軸からプッシュロッドが出て突付き、作動させる仕組みでした。面白い!
クランキングすると火が飛びました。これはエンジン掛かるかも??
画像 007

キャブレターも外して分解、掃除してみました。
アマル392と書かれています...この392は「ミクニ」三国製キャブレターを表しているのだ、と教えて頂きました。なるほど!
内部は綺麗でフロートにも錆びは無く、過去に整備をされていた感じです。これはすぐ使えそう!
画像 009

さて火が飛び、キャブが大丈夫となればエンジン始動を試したい!
キャブにガソリンを送り、キックしてクランキングさせました。
...掛かるか!?と思いましたが...反応は無し。プラグを変えても掛からず。
そうだよねぇ、そうポンポンとは行かないよねぇ...排気量の割には、ちょっとキックの足応えが少ない様な??

ヘッドを空けて、タペットを見てみました。
案の定クリアランスが無く突き上げている感触が有ります...調整ネジを緩めようとした所...

「ポロリ」

なにっ!?

なんとインテーク側(画像では奥側)のネジが折れてしまいました...やっちゃった!
とはいえそれほどチカラを入れていなかったので、もしかしたら少し悪くなっていたのかも知れません...
部品は予備エンジンが有るので大丈夫ですが、ちょっと焦ってしまったかな...反省!
やはり相当な年式の車両、丁寧にチェックする必要が有りそうです。このエンジンは一応シリンダーまで抜き、内部を診て見ようと思います。
50年代車への挑戦...まだ始まったばかりです。頑張るぞ!
画像 011 画像 012

スポンサーサイト

[2011/06/05 16:53] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(2)

あらら・・・でも、大丈夫ですよね

こんばんわ!!
すばらしい状態のJC58ですね。
ネジ折れは仕方無いですが、まだ大丈夫です。
慎重な作業で行きましょう!!
この分ですと、エンジン始動も近いようです
楽しみです。。
[2011/06/06 22:19] ヒラノM85 [ 編集 ]

ヒラノM85さんこんばんは。

お陰様で、良い車体と出会えました^^
慎重に、壊さぬ様進めたいと思います。
とはいえ、このネジ部...クラックが有ったようです...抜き取りは可能そうです。
次回はこのロッカーアームを外し、ピストン到達を目指しています。



[2011/06/06 23:23] 管理人のきした [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/314-6c34f453


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。