走れ!軒下のOHV小隊!  ジュノオ号の軽整備










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジュノオ号の軽整備 

此間の高速道路ツーリング以来ご無沙汰のジュノオ号。
久し振りに乗ってみると、アイドリング&左右シリンダー同調のバラつきが出ていました。調整ついでに分解し、内部を掃除してみました。
画像 022
ジェット詰まり等の異常は無く内部の状態も問題ありませんでしたが、この独特の長~いインテークマニホールドとの接続部分に隙間が出来ている様で、2次エアの吸い込みがみられました。
ジュノオ号のキャブ・インマニ接続部はキャブレター側の肉が薄いせいか、ボルトが緩み易いです。緩まぬよう強く締めようとするとねじ山が壊れやすく、ちょっと困る所です。
間に液体パッキンを塗り、山が危うくなっているねじ穴をリコイルで修正修理し組み立てました。

キャブ整備をした後走ってみましたが、まだちょっと違和感が感じられます。
もしかしたら...と思い、点火時期を見てみました。
ジュノオ号はクランク軸に明確な「合わせマーク」が無く、ポイントもデスビタイプの為360度クルクル回せるのでいまいち合わせ場所が分かりません。デスビ本体にマークは付いていますが、新車時の調整が保たれているかは不確定ですのでマークも当てになりません。マニュアルを見てみますが自分はチンプンカンプンです(汗)
画像-033

こうなったら当てずっぽうで合わせてみます。エンジン中央のクランクキャップを外し、強引に上死点を出します。(画像は部品取りエンジン) クランク軸切り欠きが、ケース分割面の線に合うところが上死点になる様です。
デスビを一旦ケースから抜き、この上死点で火花が飛ぶ様差し込み直し「ゼロ進角」にしてみます。この時にデスビの合わせマークも取り付けるホルダーの切り欠きに合う様調整しました。
エンジンを始動し、アイドリングさせたり走ってみながらデスビを少しづつ回し、最も調子の良い部分を探してみました。
画像 365
やはりゼロ進角付近ではエンジンがドカドカ言い停まりそうになります。しかし早め過ぎると走行時調子良いですが、発進や加速時にエンジンから『ガガッ!』とヒステリックな音が出るし...難しい!
暖まっている時と冷間時も比較し、試した結果↓の画像の位置で最も具合が良くなりました。大体+5°前後です。
画像 027
[C200+CM90]組み立ての続きをやろうと思っていた今週末でしたが、ジュノオ号にすっかり夢中で時間を使い果たしてしまいました(笑)でもお陰で暫くはジュノオ号も快適に走れそうです。


スポンサーサイト

[2010/10/04 00:15] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(4)

難しいですね

この調整は難しい・・・と言いますかかなり根気が必要ですね!
解説書の構造を見ていてもポイント付近もややこしいですし(笑)

私でしたら少し心が折れてしまいそうです。
[2010/10/04 07:31] KATSU [ 編集 ]

KATSUさん、こんばんは。

難しかったです~。数字に強い方ならマニュアルで読み取られると思うのですが、自分は???でした(*д*)どれが基準の角度になるのやらサッパリ...

ジュノオ号のデスビは中に点火ポイント、進角ガバナ、燃料ポンプ駆動ポイントと3階建てになってるんです。ホント複雑ですよねぇ。
しかも幾つか種類が有るらしく目印マークの無い物が有ったり、線は出ているがフタが無く、どう分解するのか不可解なタイプもあるそうです...怖い!(T□T)
しばらく故障しない事を祈るばかりです。
[2010/10/04 20:24] 管理人のきした [ 編集 ]

久々のジュノオ整備ですね

作業お疲れ様です・・・

久々に作業拝見しましたが、このジュノオまだまだ元気で何よりです・・
水道お借りしてすみませんでした。
お陰で、ピジョンは今月中には、復帰できるかも??
[2010/10/07 00:11] ヒラノM85 [ 編集 ]

ヒラノm85さんこんばんは。

記事拝見しました、タンク&シート、感動の仕上がりですね!
ピーター号、動いている姿を観てみたいです...
[2010/10/07 20:18] 管理人のきした [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/280-c01a6f88


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。