走れ!軒下のOHV小隊!  ジュノオ号・エンジン再々交換










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジュノオ号・エンジン再々交換 

画像 525
先日合体させたジュノオ号のエンジンユニット。
今週末は異音の出たエンジンと乗せ替えをします。

さて、エンジン交換の為にはフレームを外すのですが...今日は1人作業、失敗無い様に慎重にやらなければ!
いざフレームを持ち上げ抱える段階で外し忘れネジや配線があると、結構面倒なことになり易いので...ゆっくりと一つ一つ確認しながら行います。
外す物をすべて外し、前輪はつけたままフレームを持ち上げます。フレーム側に付いたままのチェンジワイヤーAssy、クラッチワイヤー等を引っ掛けないように気をつけながら移動させます。
フレームを台の上に降ろし、なんとか分離は無事成功しました。

異音の出たエンジンユニットです。ミッションオイルをチェックすると、先日取り替えたばかりなのにもう真っ黒に汚れていました。金属を研いだ際に出る研ぎ汁みたいな色です。内部がどうなっているのか...ちょっと不安です。
右の載せる方のエンジンにスイングアームAssyを移植していきます。
画像 528 画像 526

移植に無事成功。「無事、無事」ばかり言ってます(笑) ジュノオはホント付けたり外したりする部分が多くて、何か忘れるとまた一から全部やり直し...なんてことが多いので、無事済むとホッとします。
さて、今度はフレームを載せなければ!配線・配管・ワイヤー類を挟まず載せるのはこれまた気を使います。特に1人でやるとなると、より慎重にチェックして挑まなければ...。
フレームを抱きかかえ、時には片腕で支えながら載せていきます。

載った!と思ったらやっぱり!?部品を一つ外すのを忘れていました。フレーム中央付近にあるミッションのオイルレベルゲージを取ってなかった...これはフレームの上から付くので、エンジンに付いたままではフレームが収まりません。
またフレームを持ち上げ、片腕で抱えながらゲージを取りました。腰に来るナァ...(痛)
もう一度載せなおし、締付ボルトがちゃんと入るか確認、差し込んで締め付け搭載完了です。

この日はフレーム載せで疲れたので、一旦帰って出直し作業します。
配線やマフラー、キャブ等を付け、エンジンオイルを入れます。ミッションオイルが用意出来なかったので、とりあえずエンジン始動だけでも出来る様にしていきます。
オイルを入れ終わって、漏れが出てこないか見てみます...幸い時間がたっても滲みは出ませんでした...良かった!!

電源を繋いでエンジン始動。このエンジンは一度掛けて走っているので大丈夫でした。エンジン&ミッション共に異音無く、スムースに作動してくれました。後はミッションオイルを入れて、実際走行に支障ないか試すのみです。とりあえずはエンジン交換、成功です(^^)
画像 530

スポンサーサイト

[2009/10/12 21:41] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/231-28f201ed


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。