走れ!軒下のOHV小隊!  CS+MD=??










CS+MD=?? 

画像 017a
分解時に、腰上のスタッドボルトが折れてしまったCS90エンジン。
折れた元は何とか取れそうですが、代わりのスタッドボルトがなかなか無いですよね...。
こうなったらもう一個、部品取りが必要かな?
という訳で、MD90エンジンを入手しました。

『ボロでキックが降りないが...』というのを大喜びで入手。近頃はこういうのを探すのも大変です(笑)
これでスタッドボルトを4本キープ出来ました。
しかしMDエンジンを選んだのは、ボルト以外にもう一つ、試したい事が有って...

ヘッドのCDIユニット...この部分が欲しかったのです。
以前からCT110や郵便カブを見ていて『此処って、CS90系に似てるな』と気になってました。
もし搭載できれば点火系の性能安定化はもちろん、現行の電気式タコメーターを付け、正確に作動させる事が可能になったりします。付くと良いなぁ~♪
蓋を開けると...内部は摩滅で出たと思われる金属粉で真茶色、しかもガバナースプリングが千切れ、内部に飛び散っていました。このエンジンが『不動』になった一要因かも...。
しかしネジ位置や構造はCSエンジンとよく似ていました。これは本当に付くかも!?
スプリングを何とかすれば、ユニットを再使用できそうです。
画像 017b 画像 022 画像 023 画像 024

さて、キックの降りない内部に突入です。正直見るの怖いんですが...
錆びたボルトを一つ一つ緩めて行くと...やっぱり!凄い錆び具合です。
これではまたシリンダー抜きに一年くらい掛かるのでは...と思ったのですが、意外や意外!
表面のグズグズ錆を軽く取ってやると、あっさりシリンダーが抜けました。ヘッド側も錆を擦り取るとダメージは少なく、容易に分解できそうです。カブエンジンの丈夫さに驚きました(笑)
画像 025 画像 029 画像 028

外したシリンダーをCS90の物と比較してみました。
カムチェーンガイドローラーの取り付け部やヘッドとの接合部に若干形状変更があるものの、ほとんどそっくりでした。シール類まで使えそう...。重さはやっぱりアルミの方がはるかに軽かったです(笑)
画像 032a 画像 033a

スポンサーサイト

[2009/09/12 01:19] 合体改造など | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/223-9ae05467