走れ!軒下のOHV小隊!  スポーツカブ復活作戦・その1










スポーツカブ復活作戦・その1 

DSCF003.jpg

今年最初のバイク遊び。
去年からの宿題、スポカブC115に着手します。

去年はミッションとクランク、クラッチを組み込んだ所で終了でした。
プラケースに詰め込んだままのエンジンを引っ張り出します。
後はクラッチ側ケースを付け、スタッドボルトを付ければ腰下は完成なのですが...。
「あれ?クラッチ周りはどんな部品が付いてたっけ?」「このパーツ、どうやって付いてたっけ...?」「あっ!ここのネジどこ行った!?」
ちょっと間があいてしまったので、部品の所在がうやむやです。
思いの他時間を浪費してしまいます。

あたふたした末、何とか完成。
DSCF004.jpg


やっと腰上に移れます。
手に入れたときは50ccで組まれていたこのエンジン。
運良く部品が手に入ったので、55ccシリンダーに戻します。
ただ残念なのは...55ccアルミヘッドが手に入らなかったので、鉄ヘッドです。
DSCF005.jpg


腰上部を組み上げて、いざフライホイールを付けようとした時...
「あ...ここのナット何処やったっけ...」
また部品探しです。ここのネジピッチは独特っぽい?ので、失くすと厄介です...。

失くさぬ様付けたままにしていたつもりだったのですが、見つかりません。
以前やはりカブで同じことがあり、間に合わせのナットねじ込んでしまって、クランクを一本駄目にしてしまった事があります。悪夢が頭をよぎります「どうしよう...。」

と、ここで助け人が!
ヒラノM85様がヒラノポップ・スクーターで遊びに来てくださっていたのですが、うろたえている自分を見てナットを一個、修正して持ってきて下さいました。感謝!!
DSCF008.jpg


ヒラノM85様のお陰で、作業続行できます。
フライホイールを付け、キャブ&マフラーを付けて、エンジン始動を試みます。
空キックをしてみると、「コクッ、コクッ」としっかり圧縮の手ごたえが返ってきます。
結構良さそうです。スイッチを入れて、「エイッ!」
DSCF010.jpg

かかった!1発で始動しました。
元気そうです。クラッチも滑らず、きちんと作動しています。
タペットを調整しまた掛けたところ、思いの他雑音も少なく粛々と回ります。
アクセルを煽ると少し白煙が出ますが、うっすら程度なので大丈夫そうです。
心配していた「ギア」も、ちゃんと4段入ります。良かった~♪
そのまま試走したかったのですが、前後輪ともパンクしているのでまた今度です...。

エンジンが始動できたので、なんだか元気が出て来ました(^^)
来週は外装&電装を触ってみます。
エンジンもまだC100っぽいので、少しづつスポカブに近づけて行きたいです(笑)
スポンサーサイト

[2008/01/04 21:13] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(2)

やりましたね!!

 とうとうエンジンに火が入りましたね。
エンジンさえ調子が良ければ、後はそんなに苦労するところはないのでしょうか。
 あと、キャブにオイルをまわすパイプがついていないようですが、欠品なのでしょうか?この時期、キャブにオイルまわっていないとアイシングを起こして調子が悪いですよ。

[2008/01/05 21:19] stonehair [ 編集 ]

ありがとうございます!

かかりました!(^‐^)ホッとしました。
オイルラインなんですが、欠品してまして...ジュノオの燃料ライン用のバンジョー&ボルトを使って付けてみようかと思っています。試運転中にもキャブが冷たくなってましたので、やはり必要ですよね。
早く路上で試運転できるようにしたいです!v-67

[2008/01/05 23:07] 管理人のきした [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/22-4d4dd49c