走れ!軒下のOHV小隊!  ジュノオ・リアスプロケット検証










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジュノオ・リアスプロケット検証 

『ジュノオ号のリアスプロケット...どうにかならないだろうか?』
最近身近なジュノオ・オーナーの間で、話題に登っている一件です。
オイル・バス式のスイングアームケースの中に納まっているジュノオの駆動トレインですが、他のオートバイ同様リアスプロケットが摩滅し、ツノが立って来ている個体が多いのが現状です。
画像 453b
外観から察するにスプロケットを固定するボルト類も見つからず、分離は無理そうな感じ...。
エンジンやボディが修復出来て走り出しても、この部分の不安は残ります。
ジュノオは以外にトルクフルな為、チェーンやスプロケットに掛かる負担が大きいかも知れず、ツノが出たスプロケではチェーンを新しくしても不具合が出る恐れが有るのです...長距離がちと怖い??

ガレージの相方とスプロケ部品をいじくり回しているうち...何か金属同士が圧入もしくは鍛着されていそうに見える継目?や、アルミに見えるがかすかに磁石に反応する部分が有る事に気が付きました。
もしかすると、加熱したら分離の糸口が見つかるのでは?
好奇心旺盛な二人は、特に摩滅の酷く使えそうに無いスプロケをプロパンバーナーで炙ってみることにしました。
すると......

溶けてしまった!!
何とこの部分はほとんどアルミで出来ていた様で、ご覧の通りの状態に!
しかしスイングアーム差込部は鉄製の帯が鋳込まれていた様です。この部分が磁石に反応していました。もちろんスプロケもアルミと鋳込で合体されていました。
それにしても量産が難しそうな構造です。内部にはさらにオイルシール、ベアリングが入ります。
う~ん...これを考え、作った技術に感動!!
画像 452a 画像 451a 画像 453a

思いがけない結果となり、落胆しましたが...おかげで構造が分かりました。
スプロケット交換にはこの部品のアルミ部を切削&穴あけ等加工して、形状の近いスプロケットを皿ネジ等で止めたりして取り付けるとか??このスプロケット部はスイングアームケースにサンドイッチされ、ベアリングを介しアクスルシャフトにも支持されるので、強度も何とかなるかも...自信有りませんが(汗)
後日、試作を試してみたいです。でも、モノが有るかなぁ...。
スポンサーサイト

[2009/03/22 01:42] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(2)

これはちょっと落胆しましたねぇ^^;
駆動系一番の消耗品問題が解消されれば実用車として復活です。

それにしても・・ 専用設計品が多い・・。
[2009/03/22 09:02] コンコンパパ [ 編集 ]

コンコンパパさま、こんばんは。

びっくりしましたよね~『溶けた~!』
この部分はなんか良い知恵より集めて、発明できると良いですね。

技術者魂感じますね~...ほんとに凄い!
[2009/03/23 22:01] 管理人のきした [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/173-6e183488


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。