走れ!軒下のOHV小隊!  ジュノオ・スイングアーム部分解










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジュノオ・スイングアーム部分解 

DSCF0005_20090201205248.jpg
久しぶりの作業です。
先日始動に成功したジュノオエンジン。
エンジンは掛かったもののスイングアームが固着していたり、ロープスターターが効かなかったりとまだまだ不具合を抱えています。
今日はその部分の分解&修理に挑戦します。

と、その前にエンジンを始動。掛かるようになったのが嬉しくて、ちょくちょくやってしまいます(笑)
ついでに暖気し、エンジンオイルを交換します。
画CA23~1a


では、ようやくスイングアーム分解にかかります。
先日ネジ・ナット類を磨き、詰まった錆や泥をブラシで落とし注油しておきました。そのせいかナメたりツブしてしまうことなく、無事各部が緩み分解に成功。
固着具合が心配だった分割式のスイングアームも何とか分離、付いていたガスケット&Oリング等も切る事無く取れました...ホッ。
それにしても部品の脂泥の凄いこと!こりゃ磨きに骨が折れそうです。
画D627~1a 画像 377

続いて、難しい所に挑戦です。
ジュノオのスイングアーム左右付根部分には強度UPの為?か『チェーンピポットブッシュ』なる鉄製のタガが嵌っていて、これがどうやら圧入されている様なのです。こうやって取るらしいのですが...
画像 378 DSCF0004_20090201205352.jpg
プーリー外しを応用し、何とか分離に成功しました。このタガが取れないとケース分離が出来ず、作業が暗礁に乗り上げる所でした...ホッ。
『チェーンピポットブッシュ』表面にはOリングが2本付いていて、更に奥には一見ガスケットの様なゴムパッキンが入っています。これを傷付けると後々オイル漏れの原因になるそうです...。
左側のブッシュも無事分離に成功。こちらにもOリングが2本付いていました。
各部品とも破損の無いことが確認出来たので、スイングアーム周り作業はいったん終了です。綺麗に洗いグリスアップして組めば大丈夫と思います。
画像 385 画像 386 画像 380 

スポンサーサイト

[2009/02/01 21:29] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/161-fd93f306


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。