走れ!軒下のOHV小隊!  錆スポ、アルミヘッド復活










錆スポ、アルミヘッド復活 

画D60B~2a
C100錆カブ号を無事送り出した後、今度は錆スポ号に取り掛かります。
バルブシートカット済のアルミヘッドを取り付ける為、悪くなったネジ穴をリコイルします。

ヘッドカバーを取り付ける4箇所の穴は、すべて駄目になっていました。6.5ミリのドリルで、リコイルの為の下穴を開けます。
とはいえ素材はアルミ...ボール盤のレバーを下げドリル刃を当てるとき、狙いが外れないか緊張で息が止まります(笑)深さも慎重にチェックしながら掘って行きます。
何とか無事開け終えました。タップを立て、リコイル材を挿入し完了です。
画像 309 画像 308

さて、組み立てです。
リコイルしたネジ穴はしっかりと、トルクレンチで締めるボルトを受け止めてくれます。
やはりアルミヘッドはカッコ良いですねぇ...スポーツカブはやっぱりコレじゃなくっちゃ(^^)
エンジンを始動すると、音がちょっぴり違う気がします。乾いていてよく回りそうな音です。
画像 311

ヘッドが治ったのが嬉しくて、勢いでそのままツーリングに出掛けました。
が、今期一番の朝の冷え込みをまともに受け、バイクでなく身体の方が不調に!!
寒いはずなのに冷や汗が出て来る...あえなくリタイヤとなったのでありました...。

実家で休ませて貰い、回復して錆スポで帰路に着きます。
修理したアルミヘッドはなかなか調子が良い様です。クラッチも治ったのでよく走ります。
平地・追い風で80キロ前後まで伸びてくれました。
調子に乗って走っていると...ふと左足が濡れている事に気が付きました。
何だろう...あ!?オイルが!
またもやオイルパイプが折れていました。折れてから結構時間が経っているのか、車体中オイルまみれになっていました。何とリアタイヤまで!
バッテリーのドレーンチューブを切って使い応急的に繋ぎ、恐る恐る帰ります。
ココは今後の為にもそっくりゴムチューブに変えてしまおうかな...。
画像 312 画像 313

スポンサーサイト

[2008/12/08 23:08] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(4)

アルミヘッド

とうとうスポカブにアルミヘッドをセットしたようで
絶好調ですか??
是非次回乗せてくださいね。
御前山ではお会いできなくて残念でしたが
忘年会の人数が例年より少なくて、食事は満腹に
ご馳走になりました・・・・
その後、体調はいかがですか??
寒い中でのバイクいじりは、大変ですよね・・・

オイルパイプは振動の為に、クラックが入りやすいですね。高耐圧のテフロンチューブなんか良いかも??
では、又・・・
[2008/12/09 13:50] ヒラノM85 [ 編集 ]

ヒラノM85さま、こんばんは。

お陰様でなんとか生き返りました...寒さを甘く見てはいけませんね(笑)
アルミヘッドに変えた所、また吹け上がりに引っかかり感が出始めましたが、高回転は大分滑らかな廻り方でよく走るようになりました。
来年こそはリベンジ・ツーリングに...挑戦したいです(笑)

テフロンチューブ...どのようなパイプなのか、今度教えてください!
[2008/12/09 20:05] 管理人のきした [ 編集 ]

 キーンサンに聞きましたが、御前山忘年会の日は、体調を崩されてしまったようですね残念です。
 アルミヘッド調子が良いようですね。
でもオイルパイプがまた折れるとは・・・参りましたね。銅パイプでなく耐熱、耐油チューブに代えるのも手ですが取り回しやパイプの振動やブレ対策をすると折れにくくなるかもしれません。スポカブの場合はシリンダー下部からキャブにいくパイプ(ゴムがかぶっているパイプ)は途中で1箇所、ステーで固定してありますよ。(後ほどブログにステーの位置等をアップします。年式によって固定するステーの位置、ステーの種類が違います)
[2008/12/17 20:33] stonehair [ 編集 ]

stonehairさま、こんばんは。お返事遅くなりすいません。

お陰様でヘッド好調です。ありがとうございました(^^)
オイルパイプの取り回しは、やはり考える必要があるのですね。勢いで取り付けてしまったもので...後ほどステー位置、拝見させて頂きます。
前回折れたエンジン→キャブ側は一応ケースに固定し、安定させました。折れた方は細身の燃料パイプで作り替えてみました。

このところ暫く小隊のバイクたちに触る事が出来ず、久しぶりに物置を訪れたら、スポカブのフロートがまたパンクしていました...(泣)フロートのガソリンを抜き忘れていたようです。
来年の1月半ば位まで、錆スポはお休みです(悲)

[2008/12/20 23:36] 管理人のきした [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/155-f1d47214