走れ!軒下のOHV小隊!  フリーウェイのブレーキ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリーウェイのブレーキ 

画像 231
自分の父親の愛車、初期型スペイシー250フリーウェイ。
「最近、後ブレーキがおかしいんだけど」との相談を受け、見てみることにしました。
チェックがてら、実家から物置まで走ります。
さすがはうちの[OHV小隊]に比べたら新鋭車!(笑)とても楽ちんで、速いです。
でもやっぱり後ブレーキが...特に深く掛けた時、少し引き摺る感じがします。
直進していれば何と言うことは無いのですが、曲がる時にはちょっと怖い違和感です。
ブレーキシューが原因かな...。
ブレーキレバー周りには、父親の苦心の跡??が残ってます。
画像 232

マフラーを外し、ホイール右側を支えるサポートアーム?を外して、ホイールにアクセスします。アクスルシャフトを外せばポンとホイールの外せるジュノオやGLに比べると、ちょっと手間を感じます。
ブレーキシューを見てみると...減ってますねぇ...。おまけにシューを押すカムの当たり面に傷が付いています。きっとこの傷にカムが引っ掛かって[引き摺り]を起していたのでしょう。
ブレーキシューの新品を探しに近くの用品店へ行きましたが、在庫は無し!やっぱりそうですよね(笑)
まだライニングは残ってるし、新品探す間だけ...ということで、このシューを綺麗にしてまた組み込むことに...父さんゴメンね!
今度は今までと逆向きに組みます。これでカムの当たり面が新しくなり、傷の付いた部分に引っ掛かるのを避けることができます。
取り付け後、引き摺り現象は解消できました。
画像 235 画像 234

分解していて、ちょっと気になった部分があります。
サポートアーム?(名前が分かりません...笑)のアクスルシャフトが通る部分にはベアリングが入っているのですが、外すときやたら硬く、おかしな手ごたえでした。
試しにこのベアリングを触ってみると...ガッチリ固着している!!全然動きません。
シャフトの、この部分に当たる部分にはすっかり「擦れ」た所が有り、ピカピカになっています。
これはマズイ!何とかしなければ...。
画像 236

ベアリングを取って見てみると...球が一個だけ、物凄く変形して小さくなっています。
サイズは6303、微妙な大きさです。有るかなぁ..物置を探しましたが勿論新品は無し!(汗)
使えそうな中古は...意外な所に有りました。スーパーカブC100のクランクベアリングです。
サイズは同じ、しかも意外と状態が良いです。助かった!
初めてのカムギア&ベアリング抜きですが...なんとか成功!無事取り替えることができました。
これで乗って帰れるゾ!いやぁ、カブ様さまですf^^)
このベアリングも「とりあえず」仕様...カブ&スポカブの分も新品を買って来ようと思います。
画像 237 画像 238

無事組み付けを完了し、父親に返します。
部品の状態を話し、「優しく、いたわって乗ってねっ」と念を押してきました(笑)
いや、笑ってられません...早く新品部品探さなきゃ!(汗)
スポンサーサイト

[2008/11/02 00:30] のきした | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/144-d726cb05


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。