走れ!軒下のOHV小隊!  錆スポのフロート修理










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

錆スポのフロート修理 

パンクしてしまった錆スポの、キャブフロート修理を試みます。
ハンダを溶かし、フロートを分離してみました。

ハンダの着きを良くしようと磨いていたら...パンクした側の浮き球に大穴が開いてしまいました(泣)
腐食が進み薄くなっていたのかも...これではいくらハンダで塞いでもまた漏れそうです。
画像 228

思い切って他のキャブの浮き球を流用することにしました。
ジャンク箱から丁度良さそうなモノを見つけました。スズキウルフT90のキャブです。
内部の状態は結構綺麗で、フロートもいけそうです。この浮き球を試しに使って作ってみます。
ダウンドラフトタイプのT90キャブレター。一度スポカブに取り付けて試してみたいと思っています。インマニを作ってやれば搭載できそうです。速くなるかも??(笑)
画像 230 画像 229

やや不恰好ですが、完成です。
はめて見ると、やや球のサイズが大きくギリギリか?
少し手で整えて、ケースに当たりが出ないように取り付けます。
画像 225
試しに走ってみました。
回転の引っ掛かり感がようやく無くなりました。やはり原因はフロートだったのか...
だいぶ遠回りしましたが回復に近づけた様です、ヤッタ!
まだ少し吹け上がりに「ガソリンが濃い感じ」があるので、少しづつ調整してみようと思います。
画像 224
スポンサーサイト

[2008/10/29 00:09] のきした | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://30w.blog123.fc2.com/tb.php/143-eb430808


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。