走れ!軒下のOHV小隊!  2012年07月










チャレンジ1000の準備 

画像 027
今年のチャレンジ1000は、C115錆スポ号で挑戦します。
新ピストンを装備、BOXも付いて何とか準備出来ました。
あとは無理せず、無事に完走するだけです。頑張ろう!

新ピストンは回転で引っ張らなくても、50km/h位までするすると車体を運んでくれます。
平地では若干セーブ気味でも流れに乗って走れるかもしれません。
一番の心配は雨と、自分が睡魔に勝てるか!?です。
画像 029


関連記事
スポンサーサイト

[2012/07/25 22:22] のきした | TB(0) | CM(4)

コレクションホール 走行テスト見学 

画像 015a
7月11日、平日でしたが、ツインリンクもてぎ・南コースで行われたコレクションホール所蔵車両の走行テストを見学させてもらって来ました。
雨が心配されていた予報でしたが幸い良い方に外れ、車両&テストを見ることが出来ました。

前日より御前山・星降る里で集まられると聞き、車で向かいました。
初の遠出...緊張の道中でしたが(笑)無事到着、皆さんとお会いできました。泊めていただき、食事をご馳走になりました。ありがとうございました!
遠路青森からカブ八さんが、今回も自走で来られていました。途中トラブルが有ったらしいのですが、克服されての到着でした。さすがです!
星降る里ではセミの声が聞こえ、朝方には元気なクワガタも飛んで来ました。夏がすぐそこまで来てるんですね(^^)
画像 001a

開催場所に着いた頃、テストが始まっていました。
順番は車両のコンディション次第との事でしたが...今始動に掛かっているのはどうやらRC149・5気筒レーサーの様です...今回最も見てみたかった車両です!
見学している皆さん、固唾を飲んで始動を待ちます...スターターの回転が上がり、エンジンが掛かりました!
...しかし、どうも調子が悪かった様子...何度か始動トライの後、テント下に戻ってしまいました。
かなり特徴のあるエキサイティングなサウンドがする、と伺っていたので...音が聴けずちょっと残念でした。
画像 005 画像 006 画像 007
RC149の後は6気筒RC166、50㏄2気筒RC116も走りました。南コース(意外と広い)をあっという間に横断、周回していきます。
他にもCB500R、2サイクル3気筒NS500、90年代の最強NSR250達、NSR500やRVF750も走りました。
NSRはロスマンズやマルボロなど、同世代の走り屋をしてた友人達が憧れていたカラーの本物が動いているのです...感動しました!
ただ時代が新しくなるほど、レーサーの排気音量も静かになっていく様子もかいま見られました。なるほどなぁと思いました。

お昼頃コースが開放され、走行テスト車両を間近で見学出来ました。
この後走る予定のF1マシンもカウルを外された状態で置かれています。貴重な光景です!
でも、ナゼか真っ直ぐ足が60年代レーサー前に向いてしまいます(^^;)
画像 008a 画像 009a 画像 010a 画像 011a

見学後お昼を食べ、戻った辺りでまたテストが再会しました。
S800、ウィリアムズホンダF11とマクラーレンホンダMP4/4のターボ過給F1が2機、マクラーレンホンダMP4/5 NAが一機...
自分がTVで聞いた事のあるF1サウンドは、おそらく殆どNAエンジンサウンドだと思います。なので最後に走ったMP4/5の空に飛んでいきそうな快音が、一番印象に残りました...

走る姿を見たかったrc149...側で観ると、他車より一段と低く見える車高が印象的です...この細さによくオイルクーラーまで収めてあるなぁ...と溜息が出ます。
RC166はこの日の走った60年代車中、一番良く動いていた気がします。走行テストの締めもRC166が走りました。
50ccRC116も、500の隣で見ると若干スケールダウンされた???超精巧なキッズレーサーのように見えます(笑)しかしこのシートには大人が乗るんですよね...本当に選ばれたライダーの為のマシンに見えてきます。
画像 018 画像 014a 画像 015c


しかしこんな凄い物達を、時代を超えて動く状態で保存してくれて、本当にありがたい事だなぁとつくづく思いました。お陰で当時の本物を、後発の自分まで眼に出来ているのですから...
素晴しい一日を満喫できました。
画像 016b

関連記事

[2012/07/12 23:48] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(2)

小隊に輸送機登場 

我がOHV小隊の世話役(私です)が、先月4輪車の免許をなんとか取得...
今週から輸送車両を使えることになりました。

車両は家族からの払い下げで、三菱のタウンボックスRXハイルーフ初期型です。
走行距離は12万km、キレイ過ぎもせずボロ過ぎもせず、今の自分には丁度いい風合です(笑)
画像

しかし乗り始め初日から冷却水&エンジンオイルがほぼ空っぽになっていた事態が発覚!!でも大事に至らず、おそるおそるですがなんとか乗れております(汗)
フリーマーケットや作業場への荷物運搬、バイク車載での遠征等期待ばかりが膨らみますが...何よりも無事で動き続けて欲しいです^^;


関連記事

[2012/07/06 00:58] のきした | TB(0) | CM(2)

YAMATO AUTO-BY MEETING 

画像 013
7月1日に、神奈川県の大和市R246沿いで開催された
「YAMATO AUTO-BY MEETING」に行って来ました。
場所は昔友人宅へ向かう際、よく通り掛っていたところの様子です。しかし自分が移転した為、以前より若干遠くなっています(汗)
C200スワロー号に乗りガレージで前泊して、一緒に向かう方々との合流場所へ向かいました。

川越街道にてシモテングさん&ヒラノM85さんと合流、次の待ち合わせ場所まで後を付いて行きました。
環七の大森近く?の「アニマルボード」さんというバイクショップ前で、沢山の方々と合流しました。
アグスタ、アエルマッキ、ラビット(改)、ベンリー、ハイスーパー、ピジョン(改)等...車両も凄い面々です!
それでも皆さん好調で、速いのです!頑張って必死で付いていきます(汗)
途中の朝ごはん休憩の際に、また沢山の方々と合流しました。なんとマツダR360で来られた方もおられました。
びっくりして拝見させて戴いたのですが...写真を撮り忘れました。悔!
どんどん膨らむ同行車両にワクワクします(笑)
画像 004a 画像 005 画像 007

現地に到着。もう沢山のバイクが並んでいました。
主催のCURRY SPEED CULBの方々の?レーサーも並んでいます。
見学している側から、さらに続々と色々なマシンが集まって来ます。会場を何周しても飽きる事がありませんでした。
食べ物の差し入れも有り、ボリュームたっぷりの美味しいケーキをご馳走になりました。本当に感謝です。
小雨がちらほらする天候でしたが、幸い開催中は強くならず助かりました。
画像009 画像 008b

見学に夢中だったので写真が少ないですが...何枚か掲載します。
テレスコピックフォーク仕様のピジョンだそうです...詳しい方に伺いましたが、テレスコフォークはピジョンの中でもこのモデルのみなんだそうです。当時もの風防も似合っていますね^^
そして湘南カブキチクラブの方々もいらしていました。茶カブのさささんは遥々東北からの大出張です。エンジンも良い音で調子良さそうでした。
そしてまさに歴戦の勇士!という感じのオートレーサー。「油」印がイイ感じですね^^
画像 012a 画像-011 画像 010

最後は冒頭にも写真載せましたが、C200レーサーです。
始めはよく分かっておらず「ふむふむ、カッコイイですなぁ」具合で拝見していたのですが...モーターサイクリストのステッカーや、ゼッケン周りが何処かで見たことある感じです...
一緒に傍らで見ていた方が「これ、別冊モ誌で走らせてたC200だよ」と教えて下さいました。
なるほど!自分もバックナンバーを借りて読んだ事が有りますが...CR110に挑戦したという伝説?の車両でしたか!?当時の記事によれば、外観はオリジナルの面影を残していますが、エンジン内部は凄い改造が施されているとか...ある意味貴重な車両に会えて感動でした。
画像 013 画像 015

関連記事

[2012/07/04 09:56] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(6)