走れ!軒下のOHV小隊!  2012年06月










御前山 星降る里へ 

画像 034
来月に挑戦する「チャレンジ1000」(24時間以内で1000km走破に挑戦)のコースについて、集まって相談しませんか?とのお誘いを戴き、御前山星降る里へ出掛けてきました。
あいにくの梅雨模様でしたが、皆さんに会うのが楽しみで雨も苦になりません^^♪ C200スパロー号で出掛けました。

道中は幸いひどい降りには会わず、無事に到着できました。
夕方前に近づいてくる2台のエンジン音が...盛岡藩カブのカブ八さんのフュージョンと、伊達藩カブkさんのC200でした。
なんとお二人ともこの天候の中、超遠距離を自走です!凄いです!@@;

写真を撮り漏れてしまいましたが...カブ八さんのフュージョン「シロナガスクジラ号」は貴重な極初期車?らしいのですが、とても綺麗で程度の良い車両でした。往復約1000kmの旅路だそうです。
そしてkさんのC200...うわさに聞いていた「青色」C200です!
雨にも遠路にも負けず、絶好調の様子です。
画像 027

kさんの青色C200を、拝見させて戴けました^^v
輸出のカタログにある赤、CT200の黄色は見た事が有りますが、青もオシャレで良いですねぇ...♪
樹脂部品も塗りでなく無垢の色です。また付いていたシートも青/白のツートンカラーだったそうです。オリジナルを元にシートを新調され、付けているそうです。
当時モノの観音開きピリオンシート&青いボテ箱が良く似合っています^^b
画像 029

翌日は雨も止み、にわかに暑くなってきました。湿気干しがてらあんどんC90とCM90が外に出され、居合わせたみなさんであれこれカブ談議に花が咲きました。
この2台が並んでエンジン見れる機会とか...なかなか無いですよね^^貴重な体験をさせて貰えました。
画像 030 画像 032


関連記事
スポンサーサイト

[2012/06/17 23:14] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(0)

外装の塗装完了 

画像 060
のきしたレーサーの外装色塗りがようやく終わりました。
作業を始めてから一週間位、ツッコミ所満載な出来になってしまいましたが><;
他の作業も有るので、一旦ココで出来上がりにしたいと思います...

ラインは入れたものの、何色にするか悩みました...
フレームは赤...前と同じく青も考えましたが、近所のホームセンターでは好きな青色を見つけられませんでした。調色は経験も自信無いので...(汗)
ラインやツバメの図案も目立ちやすく、赤いフレームとの相性も無難そうで、どのお店にも必ず置いている黒を選択。また太目のタンクも黒ならやや締まって見えるかな?というのも考えました。
梅雨の中休みを狙って色を塗り始めました。
画像 055

やり始めてみて、黒色塗りの難しさに直面しました...
下のシルバー色ではそれほど気が付きませんでしたが、黒はツヤや反射の映りこみが思ってた以上に有り、塗装のムラや気泡などの凸凹が思っていた以上に目立ってしまいます!Σ@д@; 
一回目の塗りはそれは酷いものでした...

ペーパーを当てならしてから塗りますが...うまく塗れた気がしても、乾くと一度塗った所と塗り直した所との境目がくっきり盛り上がってしまい、これまた目立ちます!
境目を直しているうちに徐々に修正部分が拡大してしまったり...不注意で他の部分を削ってしまい修正箇所が増えたり...水研ぎでマスキングテープが取れてしまったり等、泥沼に落ちてしまいました>Д<。
修正する部分と周囲を研ぐ前に何回か塗り重ね、厚みを出してからペーパーを当てる様にしてトラブルは減りました(気がする!?)が、一番大きかった失敗箇所は跡が残ってしまいました...ガックリ!
ラインのマスキング継ぎ足し部にも、角やにじみが出てしまいました。が、ツバメマークは予定してたとおりに入ってくれました。今回唯一の救いです...
画像 065 画像 062 画像 068a
 
なんとかこんな風に出来ました。
今後機会が有ったら、塗装の上手な方に教えを乞いたいと思います...厳しい一週間でした。
画像 058 
関連記事

塗装の準備 下塗り完成 

画像 053
ついに、今年の梅雨が関東にもやって来た様ですね。
塗装中ののきしたレーサー外装は、雨が降り出す前までになんとか下塗りまで行けました。
今日は雨音を聞きながら、入れたいラインをマスキングしていました。
一応測って、鉛筆で軽くしるし付けて、テープを貼りましたが...きっと左右でチグハグになっている事でしょう^^; 難しいなぁ...
伸縮性の少ないテープを使ったので、曲面のカーブがなかなか思うように貼れませんでした。
この上から別色を吹きますが、マスキングが剥れず、染みず、滲まずに頑張ってくれる事を願います...

タンクマークも作ってみました。
ホンダ車ですからココはウイングマーク!ですが...ふと「ツバメの絵を入れたいな」と思いつきました。
ツバメも私も、人家の軒下にお世話になっている生き物です(笑) そんな意味も込めて??ツバメのマークを入れることにしました。

図案は小さい頃から好きだった蒸気機関車の、デフ板に掲げられていたツバメマークにしました。京都の修学旅行のとき梅小路の機関区で撮った写真を元に描き、ボール紙で型紙を作りました。
型紙でマスキングテープに転写し、貼ってみました。翼や尾の先端がかなり細く鋭くなってしまったので、色を吹くときは気を付けないと取れてしまいそうです^^; うまく行くかな...
画像 043

関連記事

塗装の準備 

画像 042
のきしたレーサー用のタンク、シートカウルの塗装の下地準備をはじめました。

いつもならほとんど錆防止目的で「エイヤッ」と塗ってしまう事が多いのですが
今回は真面目に、綺麗に仕上がるよう塗ってみたいと思っています...

パテ盛して、サフェーサー塗りまでやったのですが、失敗しまた剥がしています><
やっぱり難しい...

この作業をしている場所ではサンダーが使えないので、耐水ペーパーで作業です...
せっかちな自分には良い訓練になりそうですf^^;


関連記事

シートの改造 

画像 027
S110のきしたレーサー号に載せる予定の、ドリーム50用シートです。
車体に合わせるとタンクエンドより若干幅が広い上に、なんとなくお尻が大きく見えてしまう気がして気になっていました。
レーサーにはやはりキリッと引き締まったテールが良いですよね...切って幅を詰めてみたらどうだろうか!?
できるかぎり本物に雰囲気を近づけてみたいと思い、シートのスリム化改造に挑戦しました。
画像 001

シート裏面のビスを緩めると、シートとカウルが分離できました。シート地は樹脂製シートベースにタッカー止めされていて外しやすかったです。飾り鋲も留め金具をこじるときれいに取れました。
シートベース裏の凸凹を参考に中心を罫書き、真ん中から切って幅を詰めてみます。
画像 029 画像 039 

シートベースはカセットコンロで暖めたカッターナイフの刃を当て、溶かしながら切り取りました。
テールカウルは木工ノコギリで少しづつ切り、大体3センチ弱位の幅を切り取りました。仕上げに平らな土間のコンクリートで擦り切り口を調整しました。
シートベースと合体させてみると、やはりちょっと切り込みズレによる隙間が出ましたが(汗)、大体イメージしていた幅に詰める事が出来ました。
画像 036 画像 038 画像 037 

車体に合わせてみました。
さすがに本物のレーサー程ではありませんが...加工前よりはらしくなったと思います。^^;
シートカウルの合わせ面も綺麗に付けられれば、意外と良いアクセントになってくれるかな?(デザインと言い張ります!笑)
まだシートのウレタン&皮を合わせて張れるのか等課題が有りますが、とりあえずシェイプアップできたので良かったです。 
画像 033 画像 034 画像 035

関連記事