走れ!軒下のOHV小隊!  2012年02月










アップマフラーを装着! 

画像 035
CS65のマフラーを入手出来たので、プレスハンドル仕様C201に付けてみる事にしました。
マフラーはエキゾーストパイプが分離するタイプです。
残念ながらエキパイは入手できず...ねぐらを探した所、昔手に入れたCL90とCS50のエキパイを見つけました。
どちらもサイレンサーと一体タイプでしたが、サイレンサー部分が錆びて崩れていた為エキパイ部のみ切り取って保管していたものです。

車体に合わせてみました。
CL90のエキパイは切り取った部分が多かったのか...サイレンサーに届きませんでした(涙)
使うとしたら溶接して延長ですね...
画像 037
もう一方のCS50用ですが、こちらはカーブがC201の車体にうまく合いませんでした...CLの物より向きがぐっと車体寄りになってしまいます。CLのエキパイの足りない部分を延長して使うことにしました。
画像 041

部品取りの同径エキパイを切って使い、延長部分を溶接してみました。
それにしても材の薄いパイプの溶接って難しいですね...何度も途中で穴を開けてしまいました(汗) その度に切って切り口を整え、やり直しです...
もうちょっとで長さが足りなくなっちゃう!という所で辛うじて成功しました。アブナカッタ...
強度は走ってみてのお楽しみ!?です。大丈夫かな...^^;
画像 042

サイレンサー自体も若干横に張り出し気味でしたので、中間に付くステーを曲げて整え、少し車体に寄せました。
サイレンサーのアップ具合も初めはスポーツカブ風な角度にしていましたが、眺めているうちに車体長さのあるC201には少し寝かせた方が似合いそうに思えたので...車体の取り付け穴を開け直して調整してみました。
雰囲気としてはミドルアップ?位になりました。
マフラー側のサイドカバーはオリジナルが使えなくなったので、ちょっと加工してマフラーに合うよう作ってみようと思います。
画像 045

関連記事
スポンサーサイト

[2012/02/25 01:14] 合体改造など | TB(0) | CM(0)

使いたいのですが... 

画像 026
CS90初期型ヘッド...インテークマニホールドの付く向きが縦になっている変り種です。
先日スリーブを打ち換えてもらったアルミシリンダーに付いていたものです。
せっかく有るのでこれも使えないかと分解を始めました。しかし状態が余り良くなく固着箇所多し...とくにロッカーアームのピンが外れず困りました。
バーナーで暖め、油を吹き、少し置いてはまた暖め...時間を掛け一本は何とか抜き取りに成功しました。
しかしもう片方(排気側)のピンがびくともしません。本来ならば手でスッと抜けてくれるハズなのですが...

こうなったらピンにタップを立てネジを切り、ボルトを入れて引っ張ってみようと思い、タップを使ってみました。しかしピンの材が硬く、タップがスリップしてしまいます!
何度もタップを試したり、ボール盤でピン内径の切削拡張を試みたりしましたが...なんとピンは削れるどころか、クラックが入り縁が割れてしまいました...マイッタ~!

いい策が思いつかず、近所の師匠...ヒラノm85様の所に駆け込みました...
自分が無理をした為ややこしくなってしまった患部に、ヒラノm85様も驚かれていましたが...
抜けなかったピンの反対側にオイル経路が有り、ココに辛うじてナットが入りそうな部分を発見!ここにナットを入れ、ナットをピンに引っ掛けてネジで抜き取ろう、という事に成りました。即席のプーラーですね。
わざわざネジ&ボルトを買いに走って下さり、難渋したピンを抜き取って下さいました!

抜けたピンです...お陰でヘッドを壊してしまわず済み、勉強になりました...ヒラノ様、ありがとうございました!
画像 032

ピンが抜けてロッカーアームを外せたので、バルブ周りまで分解できました。が、燃焼室はこんな状態です!キャ~><
ブラストで綺麗になればいいのですが...バルブシート、ステムは大丈夫だろうか!?
諦めず、復活作業を続けます...
画像 034

関連記事

[2012/02/25 00:34] 合体改造など | TB(0) | CM(0)

プレスハンドル仕様C201・続き 

画像 016
前回エンジン搭載まで行けたプレスハンドル仕様・C201。
載せたタンクの状態があまり良くなかったので、ねぐらに保管していたタンクに取り替えました。
これは10代の頃乗っていたC201の物です。色々な車両に流用したのでボコボコですが...まだ使えそうです。
その他電装を繫いで、作動を確認しました。

電源を繫いでライトをオンにした所「バチッ!」という音がハンドル左のスイッチホルダーから出ました...
ホルダーを外し見てみると、ライトの切り替えスイッチ接点がずれて中の小さいスプリングが飛び出してしまっており、接点に当りショートしていました。
ココのスイッチホルダーを分解された事の有る方はお分かりと思いますが...この中身の接点部を分解してしまうと、組み立てるのが大変ですよね...小さいホルダーの中に配線接点、極小のスプリングで支えられる接点の金属小片、切り替え部分のスチールボールを正しい位置にはめ込まなくてはなりません...
頭では分かっていても、指先が思うように動かずうまく入らなかったり...小さいスプリングや金属片、スチールボールが弾けて飛んでしまい探し回ったり...やっと元通りに組み立てられた頃には、もう夕方になっていました(汗)
でもそのお陰でスイッチは復活!電装結線は出来上がりました。
画像 014 画像 018

電装は出来たので、後は始動するか試したい所です。
キャブレターを付けてみましたが...手元にはC201のインテークマニホールドが無く、CS/CL90系のマニホールドを使ってみました。エンジンが同じなのでいけるかと思いましたが...角度がずいぶん違っていました。
ボディのインテーク部を使うためには、ジョイントを考えるかインマニを加工する必要がありそうです。
ジャンク箱を漁りながら、どうするか思案中です。
画像 012

関連記事

[2012/02/13 02:27] 合体改造など | TB(0) | CM(4)

プレスハンドル仕様C201はじめました 

画像 010
身体に堪える厳しい寒さが続きますね...
ほんの少しですが気温が穏やかだった週末、思い切って物置へ向かい、C201プレスハンドル仕様を組み立てはじめました。

部品が揃っているか確認を兼ねて...とりあえず形にして見ました。
この日は一応エンジン搭載まで行けましたが...錆や塗装の剥げも有り、ちょっと見苦しい状態の部分が多いです(汗)
画像 011

関連記事

[2012/02/06 19:45] 合体改造など | TB(0) | CM(0)