走れ!軒下のOHV小隊!  2011年11月










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いい感じのテールランプ発見! 

JC58ベンリィ号の欠品テールレンズ。
探していますがなかなか手に入りません...もう半世紀前の部品ですから当然ですよね(笑)
残っている台座を削り取って、近年のビンテージ風を付けてしまおうか!?と思いましたが...悩んだ挙句、やっぱりオリジナルのディテールを生かしたい!と思ったり...悩みます(*д*)

この何週間か、頭の中はJC58のテールレンズの事でいっぱいです(笑)
買い物に行っても、なんとなく気が付くと自転車用品や、カー用品のライト&リフレクターのコーナーに来てしまっていたりします。
そんなあるホームセンターで...ふと眼にとまった物がありました。
画像 848
セール品で籠に山積みになっていた、自転車用LED内臓リフレクターです。
この形は...もしかすると行けるかも!?財布に挟んで持っていた型紙(テールレンズの大きさに切り抜いておいた物)をあてがって見ると、いい感じです!!
価格も200円弱と安い!買って試してみることにしました。

ガレージにて、問題のテール部分にあてがってみます。
おお!隙間は少し有りますが収まりました。やった~~~!!^▽^♪
ハンマーで少しづつ叩きながら取り付け部の形を整えてやると、隙間も減り違和感少なく付きそうです。反射部分のデザインも当時っぽく、車体に似合う感じがします。う~ん、嬉しい!!
内部の電池&発光部分を取り除けば、6V8Wのマクラ球を2つ取り点けられそうなスペースも有り、テール&ブレーキ灯として改造できそうです。
画像 847


関連記事
スポンサーサイト

[2011/11/27 19:57] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(4)

CS90アルミシリンダーが復活! 

今度組む予定の『プレスハンドル仕様・C201』に搭載予定エンジン用のシリンダー、
初期型CS90 アルミシリンダーが生まれ変わって帰ってきました!
画像 076
引き抜き作業の後、何時も作業をお願いするエンジン屋さんにボーリング作業をお願いした所、『スリーブにクラックが見つかった』と知らせて下さいました。
どうやら固着したピストンを抜く時加えた力がスリーブに無理に掛かり、傷めてしまっていた様です...ガックリ!
貴重な部品を壊してしまった...と、かなり気持ちが凹みましたが...
エンジン屋さんがスリーブを新たに製作&打ち換えしますよ、と言って下さり...作業をお願いしていたのでした。


サイズはボーリング作業用に一緒に渡していた0.5オーバーサイズピストンに合わせて作って頂きました。
打ち換えされたスリーブ...う、美しいっ!!!(大喜)
復活して戴き、本当に感謝です!これでC201作業も俄然やる気が出てきましたw
画像 079 画像 083

関連記事

[2011/11/17 21:20] 合体改造など | TB(0) | CM(4)

ベンリィ号、何とか「仮」完成 

画像-0812a
JC58ベンリィ号の主要部分がようやく組みあがりました!
ブレーキ操作系統も付き、走り回れるようになりました。

ブレーキ系統、これは一番てこずりました。
特にリアブレーキペダル周り...この車体にはペダルしか付いておらず、しかも分解状態だった為どうやって車体に付いていたのか分かりませんでした...
ネットにてJC58画像を片っ端から探し、ペダル周りを研究...見えづらい物が多かったですが、メインスタンド軸を使う事が分かり助かりました。
失われていたロッドはGL400の物を流用し、リアブレーキとペダルの連結にも成功。
そしてペダルリターンスプリング...これは画像検索しても明瞭に写っている物が見つけられず、想像するしかありませんでした...
オリジナルは軸に「巻きタイプ」のリターンスプリングが入るのではないかと思うのですが、他車用を探してもなかなか合いそうな物を見つけられませんでした。
カッコ悪いのですが、結局ステーと他車スタンドスプリングを使い画像の様に外から引っ張りました。
ここにブレーキスイッチを追加して、ストップランプも作動させる予定です。
画像 0773

ペタンコになっていたシートも支持ゴムを状態の良い物と取替え、シャキッと起き上がりました。
失われていたテールランプもとりあえず社外のミニテールを装着...しかしいまいち納得がいかないので、テールは良いものが見つかるまで暫定です...。
画像 083a

このキャブのフロートもパンクしており、穴塞ぎに追われました。
C100に使われている縦型フロートに酷似した形の真鍮製のフロートなんですが、ほぼ側面全体に穴&ヒビが広がっていて、はんだで満遍なくメッキしてやる状態になってしまいました。
重くなって返ってダメか...と思いましたが、半田が溶けているうちに真鍮ブラシで軽くさっと拭う...という方法で何度か試しているうち、薄く綺麗に覆う事に成功しました。
指先がフラックスと火傷でヒリヒリしてます(笑) お陰で調子が良くなり、アイドリングも低く落として安定する様になりました。
画像 009

組みあがったところで、以前より本格的に乗って動かしてみました。
走り出すと「ピュゥゥゥゥ~ン」というギア鳴りの音が排気音より大きく聞こえます。これはネットで他のオーナー談でも見かけましたが、このエンジンの特徴みたいです。
チェンジペダルのアソビが結構深く、グッと踏み込んだ先の方でギアがちょこっと入る感じです。
ロー&セカンドはローギアードで、エンジンが唸って余り前に出て行かない感じでしたが、トップに入れると「どん!」と加速します。セカンド⇔トップが結構離れている感じです。
ブレーキ効きがめちゃくちゃフンワリです(笑)速度が出てると停まれなそうです...ライニングがひどく錆びていた為結構磨いたんですが、まだ磨き足りないみたいです><
まだ保安部品も未装着ですし、公道に出るにはまだまだ作業が必要です...しかしやっとココまで来れた!頑張ろう!
画像084a

関連記事

[2011/11/05 00:53] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。