走れ!軒下のOHV小隊!  2011年09月










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポークを組み立ててみる 

画像 089
入手したリムと元々付いていたホイールのハブ&スポークを使い、組み立ててみました。
一見新たに組んだ物とは思えない外見です(笑) 強度は大丈夫...と思います^^;

スポークを組む際、状態の良い部品で組もうと思いホイールを部品取りの前後2本、復旧中の車体に付いていたフロント16インチのもの、と計3本のホイールを分解しました。
ところがコレが面倒の始まりでした...皆部品がどこか違うのです。
16インチの物のスポークが違うのは勿論ですが、JCの前後でもスポーク本数が違う為かスポーク形状が微妙~に違っていました。眼で見ると違いが分かり辛いのですが、ハブに通してみると反りが合わないとか、リムの穴に届かないとか、また反対に長すぎてはみ出すとか...色々です(汗)
部品が混ざらぬ様、ホイールごとにまとめていたのですが...JCホイールは何本かスポークが混在して組まれていたらしく、それに気が付くまでアタフタ迷いの連続となってしまいました...
スポークだけでなく、ニップルも3種類有りました...画像左がJCホイールの物、真ん中が16インチ化されたフロントに使われていた物で、両方ともブラス製です。右端はリムを入手した際、このリムに使用されていたとオマケに付けて戴いたモノで鉄製です。
新たなリムに組み込む際、JCのものではニップルのつば形状が広くリム内側に凸凹が強く出てしまい、チューブに悪影響が出そうで使用をやめました。また真ん中の物はリム穴に対し微妙に細く感じた為使いませんでした。16インチホイールには座金ワッシャーを噛ませ取り付けされていました。
結局オマケで貰った鉄製ニップルを使い組み立てました。JCスポークのネジに合うか心配でしたが齧りも無く、スムースに入りました。何とか組めてホッとしました。
画像 077 画像 090 画像 091 

軽くシロウト振れ取りをやってみました(笑)
大体は取れた気がしますが、ど~しても一箇所の横振れが取れません>< いや、一箇所というより全体にばらつきが有る為そう見えるのかも知れません...こんな振れのとり方だしなぁ...
振れ取りの上手な方にチェックしてもらおうと思ってます。振れだけでなく、スポーク付近の不備も指摘されちゃうかな...でも安全安心の為には避けられませんね。^^;
画像 093


関連記事
スポンサーサイト

[2011/09/25 13:48] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(4)

リム&タイヤ発見! 

画像 081
JC58ベンリィ号用に探していたリム&タイヤが無事見つかりました!
タイヤは当時もの未装着品ヨコハマタイヤ製18-2.75リア用、リムは元車両は不明ですがDID製18-1.60/36穴です。
どちらも車体のボロさに、絶妙にマッチしそうないいヤレ具合です(笑) 新品だとやたら其処だけ目立ってしまいそうだったので...雰囲気が近い物を探すのに苦労しました。
このリムに、元に付いていたホイールのスポークを使って組み立ててみたいと思います。


関連記事

[2011/09/25 12:47] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(0)

JCベンリィ号のジェネレータ 

画像 071a
JC58ベンリィ号作業も、諦めず続けています。
エンジンを掛けてみていたとき、突然「ゴトリ!」とフライホイールが外れました。
一度外そうと緩めたナットの締め付けが甘く、また緩んでいた様です。
何だ!?と驚きましたが、丁度良いプーラーが無くどうしようか考えていた所だったので...ちょっとだけラッキーでしたw
画像 007

フライホイールの裏からは、3つのコイルが出てきました。なるほど、こうなっていたのか...
ポイントはケースの上方に別に付いているので、コイル部はコンデンサーのみでスッキリしています。ここからは青・赤・黄?(汚れと熱変化の為か、色が見づらい)の3本しか線が出ていません。
ステーターを外してみて、どれがどの線か見てみようと思います。3本のビスを緩めるとあっさりケースから外れました。状態は良さそうです。
画像 066a

ステーターの裏面です。
このカバーの中にカムとプッシュロッドが有り、ケース上部の点火ポイントを押して動かしているみたいです。
点火までOHV式なんですねw
画像 068

コイルを見てみました。
①のコイルからイグニッションコードが出ているので、これが点火コイルですね。
②のコイルは片方がアースされており、③はアースされていません。この辺のコード色も褪色が進んでいていまいち色が分からないのですが...どうも青は②から、黄色?は③から出ているように見えます。
おそらく②は昼用コイル、②と③が直列になり夜間となるのでは?と仮定してみました。接続切り替えはイグニッションスイッチで行うのだと思います。
もう一本の赤は...始めはコレも発電線かと思ったのですが...どうも点火コイルと共にコンデンサーに繋がっているみたいです。コレは単純にアースすると点火が停まるキルスイッチ線かもしれません。
電線本数が少なく、シンプルそうな仕組みで助かりました^^;
画像 074a

配線部は何とかなりそうですが...今一番ぶつかってしまっている壁は、ホイールをどうするか!?です。
現在付いているホイール(前16-1.60 後18-1.60)を含め、付いてきた部品ホイール(前後とも18-1.60)も結構錆びており、部品ホイールに至っては磨くと穴が出てきてしまい、全滅でした。付いているホイールはまだ辛うじて大丈夫そうですが、走るには怖いコンディションです(泣)
代わりのホイールを探していますが、意外と良いものと出会えず(新品でなく、適度なヤレを持った中古が欲しいのです)また実は前後とも同じリムでなく、前はスポーク36本、後は40本であることに気付いてしまいました。><
付いているホイールで行くとしても、今度は「フロント16吋タイヤの入手困難」が立ちはだかります。う~ん...
ホイールについても根気よく情報を集めていきたいと思います。
画像 052z 画像 063

関連記事

[2011/09/05 22:42] ベンリィ JC58 | TB(0) | CM(4)

エンジン慣らし終了 

画像 019a
記録的な「鈍足」台風...本当に大変な数日間でした。
台風本体より遠く離れたガレージの空も凄い速さで雲が飛び、驟雨が駆け抜けたりと荒れた空模様です。

錆スポ号に載せ慣らしをしてきたC100錆カブ号のエンジンを降ろし、元のエンジンを戻します。
外していて気が付いたのですが、スポーツカブエンジンの方がスーパーカブエンジンより軽い感じがします。
ヘッド材質やクラッチ・マス重さの違いでしょうか。
載せ変えた後、クラッチ付き4速の走り心地がまた新鮮に感じました。こんな事でも違い感を味わえるカブエンジン...ホント楽しいですね♪
画像 024

関連記事

[2011/09/04 20:30] スーパーカブc100 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。