走れ!軒下のOHV小隊!  2011年02月










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初めてのレーサー...となるか!? 

旧型オートバイの祭典『@グッドオールディズ』。
ツインリンクのHPによると、今年も5月4日(水)に開催される様です。
2008年から見学に行き、その迫力と楽しさに感動し、自分も参加してみたい!と思っていましたが...
今年こそやるぞ!と決心し、ようやく行動に出ました(笑)

出走する車両を用意する為、部品を集めなくてはいけませんが...どれも専門的で、なかなか取り付けも難しそうな物ばかりです。価格も...ウ~ム(汗)
自分のようなシロウトでも、なんとか形に出来るモノは無いだろうか?と探していた所...手頃なベース車両を譲って戴ける事になりました。ありがとうございます!!
届いた物がコチラです↓↓
画像 002
付けて戴いた書類によれば、ベース車両は近年のCD50の様です。
しかししっかりとしたセパハン、バックステップが取り付けられています。オマケにドリーム50のシートまで付けて頂きました。
レーシーな乗車ポジションを再現するには必要な部品達ですが、それぞれ揃えるとなると自分では頭もサイフもパンクしてしまう所でした...(笑) 一通り揃っているので助かりました。
画像 006 画像 007

最も興味深かったのはバックステップでした。
ベース部は他の車両の流用と思いますが、うまく取り付けられています。またがって踏んでみると、見た目以上にしっかりした作りでした。シフトリンクも付いてますし、ブレーキ引きもワイヤー化されていてべンリィ&カブ系ホイールならすぐ付けられそうです。
自分ではまだ製作&加工出来るか非常に怪しい部分です...助かりました。
画像 003 画像 005

このフレームにそのままエンジン載せて完成させるのか?と言うと...それじゃ面白くない!
今回入手した部品類を、アパートの軒下で眠っていたS110「1000の旅人号」に移植し、OHVレーサーとして仕上げる計画です。同じ系統のプレスフレームなので、シート&バックステップも安全に取り付けそうです。フロントフォーク径も同じなのでセパハンも使えます。車体周りはこれでOK???
この車体はのきした基地にて、コツコツと組み立てていきます。ロングタンク探さなきゃ!
画像 010


関連記事
スポンサーサイト

プレスハンドル化計画・再挑戦 

画像 004
やりかけで暫く放置状態だった、CM90C200計画。
探していた部品が見つかり、一通り部品が揃ったので組み立ててみる事にしました。
車体の方はこれまた暫く乗っていなかった、C200スパロー号で試しました。

探していた部品はこれです。C100カブのハンドルに合う左レバーAssyです。
カブは本来クラッチ操作不要の為、C200/C201にカブのハンドルを付ける為には、クラッチレバーを付けなくてはなりません。色々候補を探し試しましたが、ハンドル直径が合わないとか、ウインカーレンズに干渉するとか...なかなかうまく行きませんでした。
しかし昔どこかで「ハンターカブは、リアブレーキを左手でも操作できた」等の記述を読んだ事が有るので、きっと左レバーAssyがある筈だ...と探していた所、オークションに輸出カブの部品が出ており、なんとか入手することが出来ました。
スイッチはライト切り替えになっており、ホーンスイッチも付いてます。内側に右側ホルダーにも有るアクセルグリップ用の溝が刻まれています。もしかしたら初期に選べたという「左アクセル」にも対応しているのかも知れません。
付けてみると違和感無くばっちりです。これならいけそうです。
画像 003 画像 002 画像 017

今回はCM90のフォーク周りをそっくり使い、プレスハンドル化してみました。
C200のトップブリッジ回りを、CM90のものと変えればOKかな?と思っていたのですが...CM90のフォークの方は上部がやや窄まった形状になっていて、部品が合いませんでした。
ハンドルを付けてみると、セミアップ・ハンドルに近いポジションになりました。しかしパイプの物より幅が狭く、これまた不思議な握り心地です。横から見ると、首が長く見えます(笑)
なんとなくもう少しハンドルを下げたい気も...その為にはハンドル下にある鉄製のホルダーを加工する必要がありそうです。
しかし以前試したプレスハンドル化よりはずっと自然に、純正っぽく見えます(笑)とりあえずこの仕様で仕上げ、乗ってみたいと思います。
画像 011 画像 014a 画像 012 画像 013 

余談ですがガレージに、ワークスマシンが一台置いてありました。ガレージの相棒が、本格的にレース活動を始めたのだと思います。NSRかな??
いやぁ...小さくてもレーサーは惚れ惚れしますね!良いなぁ...思わず見とれてしまいました。
自分もグッドオールディズへ向けて用意しなくては!刺激を受けましたf^^)
画像 019

関連記事

[2011/02/14 00:27] 合体改造など | TB(0) | CM(8)

Yさんジュノオ号作業・3 

画像 478
パソコン不調の為、今頃のアップになってしまいましたが...前回の続きです。
フロントまわり整備を終えたジュノオをヒラノm85様の車に積み、Yさんの秘密基地へ運び、作業続行です。
ここでフレームを外さないと触れない裏面の燃料ライン、チェーン周りをチェックします。

車体の状態が良いお陰で部品もボルト類もスムースに外れ、助かります。
フレームを外す為取り外したマフラー...両方ともしっかりしていて貴重ですねぇ。
しかし片方だけ妙に状態が新しい!?もしかしたら新品ではないか?と3人で盛り上がりました(笑)
排気熱で溶けて失われていることの多い、マフラー周りの防振ゴム付きステー類も一揃い残っていました。
その他にも随所に良好部品が見られるYさんジュノオ...これは是非生き返って貰いたいです。
画像 481

スイングアームも兼ねるチェーンケースカバーも外してチェーンを見ましたが、ここも大変良好な状態です。
チェーンのみ新品に換えてある様です...若干チェーンテンションが締め気味だった意外は異常有りませんでした。
ここもフレームが乗ってしまうとなかなかアクセスしにくい部分です...今回確認できて良かったです。
エンジンの汚れを落とし、いよいよ組み立てに入ります。
画像 485 画像 487

今回は人手が多く、しかも旧車に経験の深いお二方がいらっしゃるので素晴らしいスピードで車体が組みあがっていきます。
途中イグニッションキースイッチとフロントボディカバーのフッティングがずれてしまい、取り付け出来ない問題が出ましたが...原因は昨晩、自分のやった分解作業時に部品を変形させてしまっていたのが原因だった様です(焦)...しかしヒラノm85様の機転で無事修正でき、外装もできあがりました。
陽が暮れる頃には組み立てを終え、乗れるようになりました。
画像 489

独特な機構&乗用車並みに外す部品の多さに驚かれていたYさんでしたが、無事組みあがったジュノオに何度も跨られ、とても喜んでおられました(^^)
Yさん基地には大変貴重なバイクや車が並んでいますが、スクーターはジュノオただ一台...とても目立ちます(笑)
残りの小欠品部分を早く直して公道復帰し、実用コレクションに加えて愉しんで頂きたいです♪♪ 
画像 490

関連記事

[2011/02/13 01:00] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(2)

Yさんジュノオ号作業・2 

画像 461
先週末Yさんジュノオの復活に向け、集中作業をしました。
この週末中にジュノオはYさんガレージへ移動し、ある程度完成させる予定になっているので、うちで出来るだけの作業は終わらせてしまおうと思い、久々に徹夜で作業をしました。
シャッターを下ろせばそれほど寒さを感じず、快適な夜でした。

痛みが進み、ひびが入ってしまったフロントボディカバー&フロントフェンダーを変えて欲しいとの事でしたので、ガレージに眠る部品取り車のモノと交換することにしました。
その為には嵌め込み&締め込み嵌合になっているハンドルを外さないといけませんが...この車体は無事外れるかな??
ワイヤー周り&配線を取り、ステムトップナットを念入りに注油してしばらく置き、ナットをタガネで叩いてみた所...意外にクルッと簡単に廻りました。
今までのジュノオのハンドルはこの嵌合が非常に硬く、中には外すのに数週間掛かった事が有るので心配していたのですが...この車体は分解された事が有ったのかもしれません。
一番不安だったハンドルも無事外れ、ひとまずホッとしました;^_^A
画像 464

フロントカバーを取り、ついでに前回取り外しに失敗し、千切れてしまったハンドルロックの残骸を炙って取り除き、フォークも外しグリスアップしました。
ハンドルの動きは異常無かったのですが、やはりグリスが乾いておりカチカチになっていました。ベアリングが齧ってしまうと大変です...見ておいて良かったです。
さて、フロントフェンダーを交換し、車体にフォークごと差込み取り付けたのですが...付けてみるとなんだか動きがヘンです。ハンドルを切るとき、何処かが当たってしまっている感触です。
何が原因だろう??付けたり外したりして様子を見ていたところ...
画像 477

なんとフェンダーの裏が、エンジンに接触していました。
初めはステムベアリング・ボールの欠落か?とか、ステムの差込み方が悪いのかな?と思い何度も取り付け直して見ましたが、やっぱり当たってしまいます。
試しに以前から付いていたフェンダーに戻すと、ちゃんとスキマが出来異常有りませんでした。同じ様に見えるフェンダーですが、ちょっぴり形状が違ってしまっている様です。
経年変化のせいかもしれませんが...ちょっと驚きました。
画像 469 画像 476 画像 466

フェンダー取替えにだいぶ時間が掛かってしまいましたが、なんとかフロント周りが完成し押し引き出来る状態になった頃...輸送役のヒラノM85さんが来られました。間に合った~!
Yさんガレージに移動後、作業する時間を見越して明け方出発です。はたして完成するのだろうか??
次回に続きます...


関連記事

[2011/02/07 23:51] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。