走れ!軒下のOHV小隊!  2010年10月










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

C200+CM90 エンジン始動 

画像 101
しばらく中断していたC200+CM90作業。
待っていた部品が届いたので組みつけてみました。

CT200タンクに合うシートを入手できました。全体的に小判型で、C100の物よりやはり長いです。
シート表皮は張り替えられたものかも知れませんが、なかなか良い雰囲気&座り心地です。
画像 114 画像 120

ハンドルはまだ仮で250TRの純正を付けています。
想像していた雰囲気に近い感じです。少し左右が長い気がするので、実際使うときは両端を5cmほど切り詰める様です。
各部配線しガソリンもキャブへ配管、外部電源でエンジン始動も成功しました。意外に異音が少なく、圧縮も有る良いエンジンでした。ただキャブレターに付いているガソリンコックからの漏れが見られるので、パッキン交換が必要そうです。
11月7日(日)に青山ホンダ本社ビル前で開かれるカフェカブに、この車体に乗って行きたいのですが...
部品&作業が間に合うかな??
画像 110 画像 123


関連記事
スポンサーサイト

[2010/10/31 22:49] 合体改造など | TB(0) | CM(4)

オールドタイムランみかも2010  

画像 058a
週末、国道50号線沿い「道の駅みかも」で開かれた『オールドタイムランみかも2010』へジュノオ号で参加して来ました。
珍しい旧車達が会場に集い間近で観れて、ツーリングも有り一緒に走れて貴重な動く姿も観られるという、内容盛り沢山のイベントです。
昨年も参加させて貰い、とても楽しかったので今回も楽しみです。

昨年は寝坊して到着がツーリング出発ぎりぎりでした(汗)。それを教訓に今回はちゃんと起きて、東北自動車道に乗ってきたので会場には余裕を持って到着できました。
会場にて「高速走ってたでしょ」と声を掛けられました。そういえば高速道中で自分と同じ位の速度で走るBMW-RSを見かけたのですが、どうやらその方だった様です。このイベントに向かわれていたのですね。
自分のエントリー番号は20番でした。ヒラノM85さんもシルバーピジョン・C83でいらしており、エントリー番号が近く18番でした。
隣には珍しいフェンダーライトの初期ベスパが停まりました。その隣もベスパです。ヒラノM85さんと自分の間にはシルバーピジョン240が来ました。ラビットも続々到着...ずらりとスクーターが並びました。
画像 026 画像 027a 画像 010

続々と、旧車たちが集まってきます。
中には知っている方のバイクも。とんちゃんさんもミントスポで参加されていました。またC200スモールシングルクラブ代表のO氏もスズキRE5ロータリーで参加されていました。
先日ガレージにお邪魔させていただいたk氏も、手製のマシンを持って参加されていました。1955年頃のサンヨーというバイクのエンジンをメグロSのフレームに搭載されたそうで、フレームも曲げて加工、プランジャーサス部分も自作されたそうです...凄い!
ダイナモは乗用車のワイパーモーターを使い12V電装化されたそうです。とてもカッコ良いマシンですね!
画像 001 画像 012 画像 002 a_20101026211914.jpg

エンジンも単気筒から6気筒、サイドバルブや2サイクルやロータリー、OHVからツインカム、縦置きや横置きやⅤツインまで...モーターサイクル用として開発され、造られて来たエンジン方式の殆んどが居るかも知れません。会場はまさに内燃機関博物館です、エンジン好きにはたまりません!
画像 043 画像 023 画像 036 画像 032

画像 017 画像 011 画像 007 画像 008 画像 041 画像 042


(続く)
関連記事

[2010/10/26 21:22] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(6)

ガレージ探訪・神奈川編 

あいにくの雨模様で始った週末の3連休。
お誘いを頂き、神奈川方面のガレージへ遊びに伺いました。
今日の道連れはC200スパロー号です。スパロー号なら、どんな悪天候の道でもしっかり走り抜けてくれるでしょう。

一つ目の目的地は...ヤマハ・カワサキを中心にノンレストア車両の集うYさんガレージです。
幸い雨も大降りにならず、3時間ほどでYさんガレージへ到着しました。
中へ入ると、カニ目のオースチン・スプライトがボンネットを開けて迎えてくれました。
いつもながら室内は珍しいオートバイで満載...とくにヤマハのAS-1が多いです。少しづつ減らしておられるそうですが、やっぱり増えてる気がします(笑)
バイクを見学していると、ヒラノM85さんと先日までガレージお隣だったⅠさんがスズキ・S10コレダ号とAS-1を運んで来られました。S10コレダ号はYさんのコレクションに加わるのだとか...また増えましたね!
Iさん所有のAS1の方はクラッチ不良修理とハンドル変更の為、持って来られた様です。4人で一斉にエンジンを開け、クラッチを分解整備し、ハンドル交換&配線作業をしました。
皆で話しながらのバイク整備は楽しくて作業もスムースに進みますし、工夫や知恵も借りれて勉強になるし良いですね!
画像 064 画像 067a

もう一箇所、海老名方面に今年オープンしたばかりのJohnnys-factory(ジョニーズファクトリー)というショップガレージを訪問しました。
店主のジョニーさんとはライブハウスで知り合い、同じバンドに居た事も有る古くからの音楽仲間です。バイクの趣味も合い、よく一緒にジャンク旧車を探してきては直して、ツーリングに出かけていました。
丁寧な仕事に定評が有ったジョニーさんはその後各方面で修行を積まれ、今年自宅で店を始められたと聞き、ずっと伺いたいなと思っていました。
久し振りの再会...近況報告やバイク談義で、楽しい時間を過ごさせて貰いました。
画像 074 画像 072 画像 073

お店のガレージ内に、珍しいモノが停まっていました。ウラル・スポーツマンサイドカーです。
そういえばこれをジョニーさんが買った頃、フネに乗せてもらい走った思い出があります。現在も無故障でよく走るそうです。
しかしちょっと置き場所に困るので、欲しい人が居たら譲りたいそうです。
これはパートタイム2輪駆動(デフ無し)の650ccです。あぁ...自分に置き場と免許があったらなァ...
画像 075 画像 076 画像 077
『ジョニーズファクトリー』では、倒立サス等の複雑なサスペンションのセッティング&オーバーホールを得意としておられる他、近所の方からの軽整備も引き受けているとの事でした。
またジョニーさんが旧車&カブ系が大好きで修理経験も有るので、その方面もこれから期待できそうなお店です。
興味有る方は、リンク欄にホームページが有るので覗いてみてください。

翌日Yさんからお誘いを頂いて湘南方面に行き、ライラック等の修復で有名なKさんのガレージへお伺いしました。
kさんガレージのコレクション内容の濃さ&kさんの作品にはホント感動します。この日も出来たばかりのライラックCF40が置いてありました。なんとマフラーやペダル、アルミ製クランクケースカバーまで自作されたのだそうです。凄い!!
他にも沢山の作品が有りましたが、その仕上がりの素晴らしさ&工夫の凄さに感動し、写真を撮るのも忘れました(笑)
でもkさんは親切に一つ一つ説明して下さり、工夫やコツまで幾つか教えて頂けて大変勉強になりました。ありがとうございます!!
画像 082

気が付けばもう夕方近くになっていました...秋は日が落ちるのが早い!C200にまたがり帰り道を急ぎます。
しかしこの二日間の楽しい出来事や、体験を思い出しながら走ってたら...大幅に道を間違えてしまい迷ってしまいました! 何とか帰路を探し、大回りしてようやく到着。無事帰れてホッとしました。
画像 083


関連記事

[2010/10/12 00:25] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(2)

ジュノオ号の軽整備 

此間の高速道路ツーリング以来ご無沙汰のジュノオ号。
久し振りに乗ってみると、アイドリング&左右シリンダー同調のバラつきが出ていました。調整ついでに分解し、内部を掃除してみました。
画像 022
ジェット詰まり等の異常は無く内部の状態も問題ありませんでしたが、この独特の長~いインテークマニホールドとの接続部分に隙間が出来ている様で、2次エアの吸い込みがみられました。
ジュノオ号のキャブ・インマニ接続部はキャブレター側の肉が薄いせいか、ボルトが緩み易いです。緩まぬよう強く締めようとするとねじ山が壊れやすく、ちょっと困る所です。
間に液体パッキンを塗り、山が危うくなっているねじ穴をリコイルで修正修理し組み立てました。

キャブ整備をした後走ってみましたが、まだちょっと違和感が感じられます。
もしかしたら...と思い、点火時期を見てみました。
ジュノオ号はクランク軸に明確な「合わせマーク」が無く、ポイントもデスビタイプの為360度クルクル回せるのでいまいち合わせ場所が分かりません。デスビ本体にマークは付いていますが、新車時の調整が保たれているかは不確定ですのでマークも当てになりません。マニュアルを見てみますが自分はチンプンカンプンです(汗)
画像-033

こうなったら当てずっぽうで合わせてみます。エンジン中央のクランクキャップを外し、強引に上死点を出します。(画像は部品取りエンジン) クランク軸切り欠きが、ケース分割面の線に合うところが上死点になる様です。
デスビを一旦ケースから抜き、この上死点で火花が飛ぶ様差し込み直し「ゼロ進角」にしてみます。この時にデスビの合わせマークも取り付けるホルダーの切り欠きに合う様調整しました。
エンジンを始動し、アイドリングさせたり走ってみながらデスビを少しづつ回し、最も調子の良い部分を探してみました。
画像 365
やはりゼロ進角付近ではエンジンがドカドカ言い停まりそうになります。しかし早め過ぎると走行時調子良いですが、発進や加速時にエンジンから『ガガッ!』とヒステリックな音が出るし...難しい!
暖まっている時と冷間時も比較し、試した結果↓の画像の位置で最も具合が良くなりました。大体+5°前後です。
画像 027
[C200+CM90]組み立ての続きをやろうと思っていた今週末でしたが、ジュノオ号にすっかり夢中で時間を使い果たしてしまいました(笑)でもお陰で暫くはジュノオ号も快適に走れそうです。


関連記事

[2010/10/04 00:15] ジュノオ m85 | TB(0) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。