走れ!軒下のOHV小隊!  2010年05月










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フレームがやって来た! 

画像 001
パイプフレームジュノオ号に使う予定のフレームが届いたので見てみました。
輸送の都合で実家にて預かってもらってます。梱包を解くと、飼っているダックス犬がフレームを見て驚き、大騒ぎに...母さんスイマセン(汗)

手に入れたのはカワサキ・エリミネーター125のフレームです。車体番号脇には『Made in thailand』の文字が。
エリミネーターも、もう日本車じゃないんですね...
全長はそれほど長くなく、ジュノオエンジンにちょうど良い感じです。持ってみて思ったより軽いのに驚き!ジュノオのモノコックフレームより軽いかも知れません。これは助かります。
構造もトンネル状にスペースが有り、縦に長いジュノオエンジンを収めやすそうです。右側2枚の画像の左右クレードルを繋ぐ部分を切除しステー等を溶接、エンジンに被せる様にフレームを載せ、ボルトでエンジンに固定する感じでいけたらと思っています。
a_20100523235758.jpg 画像 003 画像 004 画像 005

搭載するとき、フレームのクレードル部をシリンダーより前にするか、後ろにするか...
出来れば右イメージの様に後ろにマウントしたいとは思っているのですが、フレームの左右骨格広さがエンジンを挟めない可能性も有り、思案どころです。
フレームをエンジンと並べて比べる機会はもう少し先になりそうなので、それまでまたイメージを描き考えてみます。
Image004_20090222230758.jpg X-01a_20100430011557.jpg

関連記事
スポンサーサイト

[2010/05/25 22:55] 合体改造など | TB(0) | CM(4)

リベンジ、何とか成功 

画像 021
新型のコイルを移植した、C115日本電装製・ダイナモステーター。
配線し、錆スポ号に搭載してみました。

取り付け、プラグに火が飛ぶのを確認!フライホイールとの隙間も不揃いですが確保でき、擦れは出ませんでした。ヤッタ!(^^)
しかし、エンジンは始動せず...火はしっかり飛ぶのですが駄目です。
コイルは取り替えたので、これはもしやコンデンサーが悪いのか?でも並列にもう一個つないであるし、大丈夫なはずだが...試しにステーターの、元々からのコンデンサー配線を外してみました。

すると今度は一発始動!
う~ん...コンデンサーのパンクは何度か経験しましたが、今度のようなケースは初めてです。大抵は並列化で解決すると思っていたのですが、今度のはショートか何か起こしていたみたいです。
するとこれまでの不具合は、コイルが原因ではなかったかも??早合点して改造してしまいました...反省!(汗)
でもなんとか無事再始動に成功でき、ホッとしました。

改造後、ライトの明るさはアップした印象です。回転を上げると電球が切れそう??な位、明るくなりました。
しかしアイドリング時や低回転時は少し暗く、電気が少し足りていない感じです。これはコイルとフライホイール・マグネットとの隙間が揃っていない為かもしれません。後日また外し、調整してみたいと思います。
冗談でバッテリーを外し、ヘッドライトに12V15/15W、テールライトに12V23/8W電球を付けて点灯させてみました。なんとかノーマル位の明るさに光りました。テスターで測っていないので不明ですが、12V出力も可能かもしれません。
(画像は6V電球で点灯)
画像 020a

少しテストランしてみました。実家へ往復し、60キロほど走りましたが異常は出ず、ホッとしました。
弱っていたバッテリーも回復し、ウインカー点滅がしっかりしてきました。
画像 017

関連記事

[2010/05/16 21:02] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(4)

日本電装ACダイナモ、リベンジ! 

残念だったスポーツカブのACダイナモ・ステータAssy。
自分にしてはそこそこ良い価格で買ったので、ジャンクとして放ったらかすのは惜しい気持ちで一杯です。
何とかならないものか...

手元にはもう一個のステータAssyが有ります。少し新しい年代の日本電装製です。
進角付きフライホイールのシャリィやモンキー等の、原付クラスに使われているタイプみたいです。うちのS110[1000の旅人号]にもこれが付いています。
ポイントの形、コイルのレイアウト(右・点火、左・ライト)も、スポカブの物とよく似ています。
ふと思い立ち、両方のコイルをベースから外し比較してみました。
画像 006

なんと!コイルの全長や幅がほぼ同じでした。フライホイール内径が近いのかもしれません。
ステーターベースへの取り付けネジ位置が若干違いましたが、それさえ合わせて穴を空けてやればスポカブのベースにも付きそうです。
試しにステーターベースを加工し、新型コイルを付けてみようと思います。
画像 009 画像 014

コイルを現物合わせしながら穴を空けました。ノーマルにも戻せる様に元穴も残しました。
取り付けはボルト&ナットで留められる様、裏面も少し削ってみました。
画像 010 画像 011 画像 013

とりあえず仕様ですが、コイルを仮付けしてみました。ちゃんと収まり、フライホイールを被せても干渉しませんでした。これはいけそうです!
ちなみにこれと同じコイルの付いてるうちのS110『1000の旅人号』は、配線&レギュレータ交換で12ボルト化に成功しています。もしかしたらスポカブも!?
固定用のネジ類を調達して配線し、後日搭載に挑戦してみたいと思います。
画像 016

関連記事

[2010/05/11 23:40] 合体改造など | TB(0) | CM(2)

発電機、交換失敗... 

前回の記事で、日本電装製に交換した錆スポ発電機。
今日錆スポに乗り、ものの5分もたたないうちに急なエンジンストップ!
点火プラグの火が赤く、弱くなってしまい全くエンジンが掛からず...ポイントは新品、コンデンサーも予備を並列接続済み、点火時期もしっかり合わせたので問題は無いはずです。
これは時折話しに伺っていた『エンジンが暖まると、調子が悪くなってしまう点火コイル』の症状と良く似ています。
交換した発電機の点火コイルが悪かったのかも知れません。これは外見からは判らず、アイドリングさせただけでも判り難い故障です...マイッタ!
高い気温の中、久しぶりにバイクを押し帰宅しました。
画像 001

戻ってから元々付いていた国産電機製を修理し、また取り付けました。緩みの来ていたライトコイルは絶縁テープ巻きで固定し、配線も根元から作り直しました。
しかし何処かまだ悪いのか...ライトが以前よりぐっと暗くなってしまいました。ちと心細い光量です。また外して見て、チェックする必要が有りそうです...。

それと困ったことに、トラブルがもう一つ。
ジュノオの燃料ポンプからガソリンが滲み始めました。もう何年も前に対策し、漏れは無かったのですが...
滲んだガソリンはフレームの塗装を溶かしていました...苦労して塗ったのに!(涙)しかも耐ガソリン・ウレタンを上塗りしてあったのですが、このガソリンはそれすらも侵してしまっています。
パッキンの劣化か、ガソリンの質のせいか...この修復が済むまでジュノオ号も乗れず困りました。
06-02-20_23-22.jpg

関連記事

[2010/05/09 19:50] 合体改造など | TB(0) | CM(2)

錆スポ号の発電機交換 

画像 001
日々の足として、乗る頻度の多い錆スポ号。
夜ライトを点灯して走る時、エンジンの回転が上がると時折『ヒラヒラッ』と、ライトが明滅する症状が有りました。
配線やアースを見直しましたが、一向に改善しません。
先日フライホイール&ダイナモAssyを入手できたので、そっくり交換してみることにしました。
今度のは日本電装製です。

こちらは取り外した、今まで付いていた国産電機製です。
ライトコイル側にキズが有り、銅線が露出していました。フライホイールに接触したのか、以前の作業で傷つけてしまったのかも...しかも電線を固定する樹脂が剥れたのか、巻きが緩んできていました。
この部分がエンジンの振動で揺れ、伝導不良を起こしていたのかも知れません。
交換後、ライトの症状は治りました。気のせいか、光量も少し明るくなった感じです。
画像 002


関連記事

[2010/05/08 23:40] 合体改造など | TB(0) | CM(2)

ツーリング&グッドオールデイズ その2 

前回の日記の続きです。
御前山にて美味しい朝食をご馳走になった後、【2010グッドオールディズ】の開催されているツインリンクもてぎへ向かいました。
一足先にスポーツ走行へ参加されている方のピットにお邪魔し、きらびやかに疾駆するレーシングマシン達を間近で見学させて貰いました。
画像 010a

スポーツカブ・合同ワークスチーム?(勝手に名付けてしまいスイマセン、笑)の皆さんのマシン達です。
自分が到着した時には午前の走行を終えた所でした。お話に伺った所によると、波乱&伝説的な出来事が有った様ですが...しかしもう修理&対策が施され、午後の走行には間に合ったようです。凄い!
お昼頃にイベント側からの表彰「勝手にアワード」が有り、選ばれた3台の中になんとこの中の一台が選ばれていました!数多くエントリーしているレーシングマシンの中から選ばれたのですから、この賞は大変価値有るものだと思います。
画像 006 画像 009

ピット前には各チーム珠玉のマシン達が並べられ、貴重な車体を間近で見学させて貰えました。
その中で特に驚いたのがこの車体です...BMWコンプレッサー!!ベベルギア駆動のOHC・多段軸流スーパーチャージャー搭載エンジンの、半世紀以上前のワークスマシンです。
まさか日本に有ったとは...しかも走るようです!!調子を試すのか、午前中のコースを流すペースで走っていました。走る姿を見られるとは感激!!(@o@)
カメラが不調で写真に収められませんでしたが、他にももう最後の実働個体では?と思われる車体も有り、貴重な体験でした。
Image024.jpg 画像 005a

午後もスポカブチームの走行も見学、皆さんのサーキット体験走行も見届けて...ツインリンクでの一日が終わりました。
賑やかだったピット内もどんどん片付いて行きます...なんだか寂しい...
去年もここで、同じ事考えてましたが...『来年こそ、スポーツ走行に参加したい!』との思いが強く、胸に込上げてきました。
皆さんの走行を見学するのも今年で3回目、マシン製作の要点やコツもしっかり教えて頂きました。それを活かし本当に来年こそ、自分もエントリー目指して頑張ろうと思います。
画像 013a

関連記事

[2010/05/06 20:39] のきした | TB(0) | CM(2)

ツーリング&グッドオールデイズ その1 

ちょっと熱過ぎじゃない??と言ってしまう位、良い天気だった3連休。
久しぶりのスワロー号にまたがり、ツーリング&イベントに出かけて来ました。

画像 001a
御前山にて水戸藩カブの皆さんと合流、那須方面へツーリングしました。
少し長めの距離&高い気温の道中でしたが、故障も無く楽しいツーリングでした。
山間部の木陰に入ると涼しいそよ風が吹き、とても気持ちが良かったです。

ツーリングから戻り、美味しい食事と楽しいバイク談義を楽しませて頂きました。
今回は参加された方も多く、貴重なバイクたちもずらりと並び賑やかでした。翌日のツインリンクもてぎ・グッドオールディズのスポーツランの話等、熱く楽しい一夜となりました。
Image023_20100505231508.jpg


関連記事

[2010/05/05 23:21] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。