走れ!軒下のOHV小隊!  2009年06月










stonehairさん&Vespa来たる 

Image001_20090629232757.jpg
我が物置へ、stonehairさんがベスパを連れて遊びに来て下さいました。
このベスパは新オーナーの手に渡るまで、物置で預かる予定です。
錆スポ号もチェックして頂き、色々お話を伺いました。

ベスパのタイプは、P200E型。
年式はまだ分かりませんが、手元の資料本によると1977年~1982年辺りで生産されていたモデルの様です。車体に「MADE IN ITARY」のステッカーが有り、混合仕様です。
このタイプは懐かしのTVドラマ「探偵物語」で、松田優作の演ずる主役の愛車だった事でも有名みたいですね。

この車体、まだ走行距離が500キロ足らずなのです。まだ各部に新車の匂い...の名残り?が残っています(笑)すぐエンジンも掛かるかも!?
う~ん、私が欲しい!
関連記事
スポンサーサイト

[2009/06/29 23:59] のきした | TB(1) | CM(2)

LEDを試してみよう 

画像 446a
オークションにて、6V用のLEDテール球を売っていたので、試しに購入してみました。
12V用はよく見かけますが、6Vは珍しいですよね。
バッテリー容量が小さく、交差点でよくウインカーが点かなくなってしまう錆スポ号に搭載してみようと思います。

入手したタイプは赤色LEDを19連装しており、ブレーキランプ付きダブル球になっています。
直流用との事でしたが、スポカブの夜間照明配線(交流)でもちゃんと点灯しました。
電球に比べ暗く見えるのでは?と心配しましたが、レンズを被せると視認性は悪くないようです。

一つだけ問題が...電球に比べ、サイズがやや大きめなのです。
今までのオムスビ形テールランプでは収まり切れません。どうしようかな...。
物置をぐるぐる探し回り、結構良さそうな物を見つけました。

リトルホンダPC50のテールランプAssyを使い、取り付けてみました。
レンズ&ボディに奥行きが有り、LED球の収まり具合が良さそうです。しかも丸くて小型なので、スポーツカブに付けても違和感は少ないかも...。
オムスビ形テールのステーを加工し、急ごしらえですが付けてみました。
画像 448a 画像 449
 
丸型テールが、OHC系統のタイプに見えなくも無いが...結構良い感じです。
レンズとLEDの位置関係もちょうど良かった様で、視認性もかなり良好です。そのかわりナンバープレートが照らされなくなりましたが...まぁ良いか(笑)
消費電量が減ったおかげか、気持ちヘッドライトも明るくなった気がします。
ウインカーも、ブレーキを踏みっぱなしでも点灯する様になりました。

関連記事

[2009/06/21 02:06] 合体改造など | TB(0) | CM(2)

とあるバイク屋さんで 

Image006_20090620013322.jpg
久しぶりの更新です。
先日、黄色いリトルカブでお馴染み『黄カブDiary』きーんさんが
よく作業をお願いするという、都内のとある2輪整備店へ連れて行って下さいました。
お店のご主人が旧車にお詳しいということで、ジュノオ号で出掛けました。

都内特有の「迷う!」一方通行だらけの路地をくねくね曲がり行くと、なんとも雰囲気の良いお店に着きました。
挨拶すると、ご主人はジュノオを見るなり「懐かしいねぇ、中に入れなさい」と言って下さり、初めて訪れた自分にも親切にジュノオをチェックして下さいました。
プラグを見て、『右シリンダー、ちょっとオイル上がってるね。』
カーボンで汚れたプラグをプラグ・クリーナーに掛けて綺麗にして下さいました。
プラグ専用のアルミナブラスト装置の様な機械でした。今や貴重ですよねぇ。
エンジンの調整具合も見て下さり、「うん、大丈夫だね」とOKを戴きました(^^)

ジュノオを前にご主人は、大変興味深い話をいくつか聞かせて下さいました。なんと当時、ホンダで働いておられたそうで、設計を担当していたそうです。
「このミッションは日本で開発して、バタリーニ社に売ったんだ。まだうちにもこのオイル有るよ」
「ジュノオK型は外国人がデザインしたんだよ。デザイン優先の設計だったから冷却が悪くってね、これじゃ駄目だよってちゃんと言ったんだけどね(笑)」
「M80・M85は試作みたいな物だった。こんな良い機械が有るんだよって世間に宣伝する為のね。ホンダは自社製乗用車全てに、このミッションを使うつもりだったんだよ。」
ぽつり、ぽつりとですが、凄い内容の話です。
時間が過ぎるのも忘れて聞き入ってしまいました。

その他、整備についても幾つか教えてくださり
「ジュノオは良いね、大事に乗りなさいよ」とのお言葉を戴き、お店を後にしました。
それにしても思いがけない所に、凄い方が居たものです。きーんさん、連れて行って戴いて感謝です!
是非、またお話を伺いに行ってみたいものです。

関連記事

[2009/06/20 03:14] のきした | TB(0) | CM(2)