走れ!軒下のOHV小隊!  2008年03月










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スポーツカブ、何とか完成 f^-^; 

DSCF0033_20080316230232.jpg

去年からの宿題、C115。
本日、公道に出られる形になりました。
後はナンバーだねっ!(^^)

最後の課題、リアホイール。
タイヤが上手くはめられず、あれこれ悩み...。
もしかしたらリムが歪んでいるから?と思い、生まれて初めてリム交換に挑みました。
スポークを一つ一つ緩めていくのですが...「ポキ!ポキ!」

ポキ???

なんとスポークが折れていきます...折れた本数、4本!そこまで錆が進んでいたとは...。
もしこれが走行中だったら...いやぁ危ない!作業がすんなり行かなかったお陰で、ちょっとだけ命拾いしました(笑)
他の部品取りホイールからスポークを補充し、組み付け。
新たに組み付けたリムは強度がしっかりしていて、歪みも出ず無事完成しました。
DSCF0026.jpg

と、組んだリムにタイヤをはめるのですが...またダメ!!空気を入れると外れてしまいます。
遊びにいらっしゃった方がタイヤを調べて、「これ、中のワイヤー切れてない?」
確かに一箇所、手で触って分かるほどビートの柔らかい部分があります。
信頼のあのメーカー製だからと思って、ちと高かったけど買ったのになぁ...不良品だったようです。もう一回タイヤを買いに一走り。
今度のは大丈夫!一発で決まりました。

あ、もうひと問題!リアテールランプを付けなくちゃ。
この部分は欠品で、なかなか手ごろなオリジナル品が見つかりません。
結局、C200から借りてしまいます。
しかし似合わない...部品が見つかるまでちょっと辛抱です。
DSCF0035.jpg


こちょこちょ作業している自分の後ろを、猛々しい排気音が通り過ぎていきます。
ガレージの隣人、ⅠさんのメグロK2です。
美しい漆黒、繊細な外見から想像できない程、力強く動くエンジン。良いですねぇ~...。
DSCF0037.jpg


電装系を取り付け、作動を確認し...ちょっぴり走ってみます。
ギアの入りがちょっと硬いですが、他は特に問題なく順調に加速します。
3速で60キロ...メーター作動も大丈夫そうです。
トルクはC100とどっこいですが、クーン...と伸びていく感じはさすがスポカブ!
小さい車体で感じる風は、まるで自分の身体が走っている様に自由で爽快です。
DSCF0036.jpg DSCF0034.jpg

何だかちぐはぐなカッコにしてしまって...ちと恥ずかしいですが、週末にはツーリングに出られそうです。
ホッ。
今日のように暖かい天気になるといいなぁ。

こちらはスポカブの兄貴分??お隣Ⅰさん所有のカスタムC200です。
いやカスタムと言うより、すっかりスポーツカブですねぇ!カッコイイ!!
アップマフラーもキマってますが、上手くカットされたフェンダー、色もいいですねぇ。
ちょっと圧縮が弱く、アイドリング不良だったのでヘッドを掃除し、バルブをすり合わせ、バネが伸びてしまっていた進角ガバナーを良品に交換...良い調子になりました。
一緒にツーリング行きましょうね!
DSCF0041.jpg


関連記事
スポンサーサイト

[2008/03/17 00:02] スポーツカブc115 | TB(0) | CM(2)

小隊、丸洗い 

3月に入って最初の週末、春らしい良い日和です。
こんな日は普段洗えない物を、ジャブジャブっと洗っちゃいましょう(^^)
DSCF0005_20080302203946.jpg

先週の「春一番」にサンドブラストされてしまったジュノオさん。
えっこんなとこにまで?っていう場所まで、赤土の砂が侵入していました。水で洗い流します。
洗車ついでに動きの悪かったメーターケーブルの補修をしました。
キレイになって良かった良かった(笑)
DSCF0003_20080302204303.jpg

隊長も、C200ブラザーズも砂埃だらけです。
春一番は室内にまで痕跡を残していました。丸洗いします。
今日は暖かい上によく乾燥しているので、水分の残留は心配なさそうです。
乾拭き&暖気後、日向に出しておきます。
DSCF0004_20080302204012.jpg DSCF0002_20080302203758.jpg

さて、皆が乾くのを待ちながら、スポカブ作業をちょっと続けます。
アクセルをあおった時、白煙がかなり出てきていました。もしかしたらピストンリング??
ピストンをチェックしてみますが...ピストン壁もリングの順番も、向きも大丈夫でした。
シリンダー内壁も特に以上は無いようです。が、燃焼室は燻っていました。
エンジンを組み上げ掛けてみるとやはりまだ白煙が...。
ピストンリングを今度入手して、交換してみようと思います。
DSCF0008_20080302204036.jpg

エンジン作業している時うっかりつまづいて...やっちゃいました(悲)
元々切れていて、なんとか接着して復元していたのですが...。これも買わなくっちゃ。
DSCF0006_20080302204103.jpg

前回失敗したリア・タイヤももう一度ビートを出しなおしました。
しかしやはりリムが歪んでいる様で...タイヤがうねります。
このリムも交換に挑戦してみたいと思います。自信ないけど(笑)
DSCF0001_20080302203743.jpg

そうこうしている内に、皆すっかり乾きました。
本当は小隊全部、洗車が楽しみになる位に綺麗キレイに直したいのだけれど...。
今日のところは水洗いだけで勘弁してねっ。笑

関連記事

[2008/03/02 21:46] ガレージ | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。