走れ!軒下のOHV小隊!  2007年11月25日










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

御前山ショートツーリング 

画像 022

晩秋の茨城・御前山を巡るツーリングに参加してきました。
水戸藩カブ・ツーリングの皆様にもお会いできるので楽しみです。

まだ明けやらぬ夜空を背に、ジュノオで出発。
なんとも、寒い!!
先日購入したゴアテックス製のアウターを着込んでいたのだが
風は通さないけれど、温度が奪われる...。
もう一枚着てきたほうが良かったなぁ。鼻水。

でも、ジュノオさんはとても好調。
スロットルワイヤ改良作業は成功。
左右とも同調が取れて、スムースな発進。
スクリーンの後に隠れるようにしてはしること3時間弱、道の駅もてぎに到着。

続々と集まってきます。
暫し皆さんの愛車見学会。
OHV系車両が多いのに驚き。
(写真を掲載していましたが、許可戴いていなかったので削除致しました。失礼致しました)

さて、出発。
今回は雑誌の取材もあるとか。カメラマンが所々カメラを構え、撮影されていた。
自分も写れたかな?
学校のアルバムとかでも「見切れやすい」タイプだったから、無いかもなぁ(笑)

でも、実際はそれ所ではなかった。
ジュノオはスクータータイプの為、ホイールベースがやはり長く、狭くてきついコーナーはやはりはみ出してしまいそうになる。汗!
それに加え重たいし、まだ会得したとは言えないバタリーニ・ミッションの操作に追われ、緊張。ブレーキも再整備だなぁ。
それに燃費。やはりタンクの小ささは、ツーリングで気になって仕方が無い。
そこをいくとカブ系は素晴らしい。
登りはやや頑張りが要りそうだが、皆さん軽やかに山道を楽しんでおられた。

画像 023

紅葉の素晴らしいポイントに到着。
ここに何が有ったかというと...。
なんとも、厳かなお寺が!
画像 024

外からは杉林に囲まれていて、分からなかった。
境内の紅葉は本当に美しく、
日ごろ信心の無い自分まで、畏まってしまう様な落ち着いた世界だった。
画像 025


帰途に着き、御前山「星降るさと」へ。
この後ツインリンクで熱気球と花火のイベントがあるのだが、
自分は涙を飲んで、帰宅へ。
う~ん、もっとゆっくりこの素晴らしい晩秋を、満喫したかった...。
関連記事
スポンサーサイト

[2007/11/25 19:08] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(5)

S110のマフラー修理 

画像 010


S110、名前は「千の旅人」号。
105ccのOHVエンジンをホンダ・CL90とドッキングした、
うちのミニ・スポーツ・ツアラーです。
詳細データが一切不明のこのエンジン。
でも結構トルクがあって、燃費も良いので
チョイ乗りにも、長距離も出かけられる
頼もしい一員なのです。
[↓水戸藩カブ1000キロツーリングで疾駆するS110]
DSCF0001.jpg


先日走っていたら、突然マフラー周りから「パンパン!」と排気漏れの音。
止めて見てみると、エキパイ取り付けのスタッドボルトが片方折れていました。
幸い、5ミリほど残りが飛び出している。
何とか回して、外せるか?
ストッパー付のプライヤーで、慎重に掴んで回してみる。
ちょっと場所が悪いな...掴みにくい...よいしょ。

回った!

このエンジンは、ヘッド部のみアルミ製。
それも良かったのかもしれない。ゆっくり回して外しとる。
意外と刺さってる部分が短いんですね...。
画像 009

折れたボルトの変わりに、メッキされたボルトを慎重にねじ込んで...完了。

修理後、丁度遊びに来てくださっていた、ご近所ヒラノM85様のガレージへ。
ヒラノM85様の所はいつも興味深いバイクと技術がいっぱいで、とても勉強になるのです。
この日お目見えしたのは...なんと!
画像 011

最新の作品「ヒラノ・ポップスクーター」のエンジンに、火が入ったとか。
すごい!!流石ですねぇ!
このバイクの作業前の姿を拝見していたので、よみがえった姿に自分も喜びひとしおです。

エンジンの発する、「ポン、ポン!」という排気音。
耳障りなく、何時までも聞いて居たくなる様な
優しく微笑ましい音なのです。
なんと自分も、乗せて頂いちゃいました。
半世紀前の走り心地に感激!!(^^)
関連記事

[2007/11/25 17:56] ベンリィ s110 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。