走れ!軒下のOHV小隊!  ベスパ 90Racer










うちのベスパも動かそう 

画像 442a
先日まで触らせて貰っていたP200の影響で...ベスパに乗りたくなって来ました(笑)
物置の奥深くにしまいっ放しだった、うちのスモールボディを引っ張り出します。

このベスパ2.3年程前、旧車仲間の方から『近所のバイク屋さんが処分したがっているベスパが有るんだけど...どう?』との情報を頂き、二つ返事で譲っていただいた物です。
形式番号はV9SS2T。どうやら古そうだけれど詳細が分からず...資料を色々調べたところ、1971年から1973年まで製造された[90 Racer]というモデルらしい、ということが分かりました。
独特なスポーツスタイルで有名な[ベスパ・スーパースプリント90]と同じエンジンを載せた兄弟車となるようです。90ccながら6馬力、最高速度・約90キロと結構ホットなモデルの様です。『レーサー』というネーミング程かは分かりませんけれど(笑)
残念ながらエンジンは別物に載せかえられている模様...しかし調子の良い頃はガレージ相棒のフランケン氏と共に、時速80kmを超えるポテンシャルで走っていました。
画像 455a

このベスパがヘタリ込んでしまったのは...キャブレターの不調でした。
たしかフロート油面が安定せず、ガス欠したりオーバーフローしたり、走る度プラグやキャブを触ってばかりで手が汚れる...困らせ屋でした。
原因はフロートバルブにあるのでは?ということで見てみると...フロートバルブの先のゴム部がポロリ!取れてしまっていたのでした。
この部品は実は二つ目...前回のものもガソリンをしっかり止められず、あまり良くないみたいです。
なので今回は社外品、スプリング内臓のタイプに換えてみました。
ジェット等各部を清掃し、組んでいきます。P200のキャブレターとまた違う構造...面白いです。
画像 440 画像 447

現在は一応『水色』に塗られた車体...ボディの中身は黄緑色でした。日本車にはなかなか見られないカラーですよね。外部はその他にメタリック色が有ったり、結構塗り替え経歴が有るみたいです。
所々結構なサビが...機会を作ってしっかり処置したい所です。
画像 443 画像 444 画像 445

組み付け後、エンジン始動!
バルブ交換&キャブ清掃の効果が出て、以前よりかなりアイドリング回転を下げても安定する様になりました。先日まで居たP200よりもややノイズが賑やかですが、調子は良さそうです。
乗ってみるとやはり車体が軽い!フライホイールの慣性だけでも前に進んでしまいそうな感じです。
でもまだライトが暗いだの、サスが抜けているだの...改修箇所は有りそうです。早く直して、ちょっとツーリングにでも行ってみたい...。
久々にリトルホンダも横に並べ、エンジンを掛けてみました。
画像 452a 画像 449a

スポンサーサイト

[2009/07/21 00:26] ベスパ 90Racer | TB(0) | CM(0)

排気音は癒し 

続きを読む
[2007/11/14 21:05] ベスパ 90Racer | TB(0) | CM(0)

久々の軒下工作 

06-02-27_12-55.jpg


ベスパちゃん。

シンプルで、軽くて、いいバイクだ。
そんな彼女を、気軽に安心して走れる様にしたい。
ナンバーも返納してしまったから、久々にここで分解&修理になりそう。
おととしのジュノオ以来だなぁ。

★とりあえず発覚している問題点
◆掛かりが悪い
◆オーバーフロー
◆エンジンからやや異音
◆ライト暗し
◆ウインカーなし
(手信号、と諦めればOKだが...)

でも、走り出せればとても軽快なこのベスパ。
さすがはⅤ9SS2T 。
あのスーパースプリント90と同じエンジンなだけはあって俊足。
さすがに今のスクータほどでは無いけどね。笑
なんとか綺麗にして、調子良くしたいなぁ。

[2007/11/09 01:53] ベスパ 90Racer | TB(0) | CM(2)