走れ!軒下のOHV小隊!  リトルホンダpc50










リトルホンダのタイヤGET! 

画像 013a
エンジンも掛かり、大体動けるようになっていたうちのリトルホンダPC50『スパロー』号。
後はヒビだらけのタイヤをどうするか?が課題でしたが、
とうとう念願の新品タイヤ入手に成功できました。嬉!!

PC50の2.00-19サイズ・タイヤはもうどのメーカーでもだいぶ前に廃版になっている様で、調べてみても在庫すら無い状態でした。知り合いや閲覧しているブログ上でPC50を所有されている方々も苦慮されている様で、カブやリトルホンダ・P25の17インチホイールを流用されていたり、外国からレアな在庫品を輸入されていたりと対策も様々でした。
自分にはホイール・リム改造のノウハウも無いし、個人輸入のつても皆無...でもオリジナルのディテールを活かした19インチのままでなんとか乗りたい...
何とかならないかとさらに探していた所、ソレックス部品を扱っておられる方のHPを見つけ、『3800』というモデルがかなり近いサイズを履いているということを知りました。しかもまだ中国で生産されており、ちょうど入荷しているとの事でした。早速連絡を取り、タイヤを譲って頂く事が出来ました。ありがとうございます!!

届いたタイヤを背負い、早速ガレージにて取り付けです。
トレッドパターンはソレックス5000と同じで、側面には漢字でサイズ等が刻印されておりシブいです(笑)
サイズは2.00‐19で『ナイロン・4プライ』と表記されています。オリジナルタイヤ(画像右端)が2プライでしたので強度は大丈夫そうな感じです。ビード歪みや変形も無く、しっかり取り付けできました。
トレッドパターン部がオリジナルより狭い為、コーナー時のグリップ性能は??な感じですが、そんなスピードで走る事は無いので全く問題なさそうです。
画像 002 画像 005 画像 006 画像 008

リアも無事取り付け完了。
外は雨でしたがちょっと試乗しました。やはり新品タイヤは押し引きから軽くいい感じです。
ペダル漕ぎ&エンジン発進は以前よりは軽やかで、ブレーキも安定感が有ります。ばっちりです。
これなら自走でツーリング?も可能でしょう(笑) 一度挑戦してみようかな...
画像 017 画像 007


スポンサーサイト

[2010/02/27 23:33] リトルホンダpc50 | TB(0) | CM(6)

リトルホンダで遊ぶ 

画像 001a
ジュノオのトラブルでちょっとヘコんだので、気分転換にスパロー号を触ります。
とりあえず走り回れてブレーキが効くように...。

チェーン周りを洗っていたとき発見しました。
サイズが「415」!?こんなサイズが有ったんですねぇ。初めて知りました。
スプロケットも広く使われている420サイズより若干薄いか?
でもシャフト取り付け部には少し余裕が有る感じなので、420でも付きそうです。
少し摩耗が見られましたが、まだ使えそうなのでそのまま組みます。
画像 002 画像 004

レンズの欠品していたウインカーを一旦取り外し、輸出っぽいスタイル?にしてみました。
現在の交通状況とはスピード差が有り過ぎなので、逆に手信号でも大丈夫かも?都内じゃ右折レーン入ることも無いでしょうし(笑)
テールランプですが、ちゃんとダブル球が入っていました。リアブレーキレバーを握ると、ちゃんと点灯します。どこにストップスイッチが有るのだろう?
リアブレーキはワイヤー引きなので、ワイヤーの途中にスイッチが仕込んであるのかも知れません。どうやらその場所はフレーム内側、エンジン背面の様ですが...。
画像 005 画像 006
タンク内部簿サビはほとんど無く、ガソリンを入れるとコックもちゃんと作動してくれました。タイヤに空気を入れなおし、エンジンを掛けペダルを漕ぎ乗って遊びました。
ペダルを軽く漕いで進むスピードは、大人の早歩き位です。これなら歩行者天国でも迷惑がられず乗れそうです(笑)
エンジンで進むスピードは40キロが精一杯な感じでした。
スタートダッシュはロケットスタート...ではなく立ち漕ぎスタートです(笑)
DSCF0038.jpg

[2009/04/13 23:40] リトルホンダpc50 | TB(0) | CM(0)

リトルホンダ登場! 

DSCF0034a.jpg
ひょんな事から、我が小隊にリトルホンダがやって来ました。
ずっと欲しかったPC50...ペダル付きOHVエンジン!!
これで小隊には、1960年代以降の【ホンダOHVエンジン系統】が大体揃いました(^^)
あ、まだポートカブが居ないか...

赤がガレージの相方Ⅰ君の、青が自分の車体になりました。
2台ともなかなか状態が良く、すぐエンジンが掛かりました。赤のⅠ君号には『当時』雰囲気の溢れるパーツが付いています。この子供用シート、懐かしい!
メーター&ライトのプラレンズは変色も無く、まだ十分な透明度を保っていました。
DSCF0036_20090405221744.jpg DSCF0037_20090405221722.jpg DSCF0038.jpg

なんだかもう乗れそうな気がするリトルホンダ。『スパロー(雀)』号と名付けます。
整備してナンバーが取れたら、実家のノビオと並べて色々見比べてみたいなぁ。
DSCF0042a.jpg


[2009/04/05 22:46] リトルホンダpc50 | TB(0) | CM(4)