走れ!軒下のOHV小隊! 










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

御前山星ふる里バイクミーティングのお知らせ 

c200イラストbw


イベントの告知を頂きましたので掲載致します。

★期日 5月3日~4日
●場所 茨城県常陸大宮市上伊勢畑41ー1 水戸藩カブ事務局「星降る里」
 集合時間 AM9:30 (ツーリング組)
 ツーリングは新緑の袋田方面予定です。16:00頃に御前山星ふる里帰着予定。
 ツーリングなしの方は16:00頃までに(特に決まりは有りません。)
●懇親会予定 18:00頃から
 会費、3000円(懇親会、朝食含む。)
 日帰りは1000円(懇親会会費)

★皆様、自慢のバイクで来て下さい。 水戸藩カブ事務局。


他にも今月は・・・
24日 北関東旧車連合会チャリティー部品交換会(栃木県藤岡町藤岡 渡良瀬運動公園駐車場)AM6:00~
29日 2016@Good Oldays(ツインリンクもてぎ カブパレード有り エントリー4月10日迄受付中)
等のイベントが有ります。
私も参加の準備をしています。楽しみですね♪

関連記事
スポンサーサイト

[2016/04/07 23:43] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(0)

水戸藩カブ 新年ツインリンクもてぎ走行会 

IMGP0925_20160105213608db0.jpg
1月3日にツインリンクもてぎで開かれた、新年走行会へ参加してきました。
えっ1月なの?て言うほど暖かな陽気の中・・・たくさんのバイクが集いコース体験走行を楽しみました。

旧車から、往年のレーサーから、色とりどりのカスタム車、普段から活躍している現役車両も・・・自走での参加の方も多くとても賑やかでした。
珠玉のレーサーも沢山・・・皆さんセッティングも良いようで、快音を奏でていました。
昨年山梨のイベントでお会いしたスーパーカブ・ニーラーもいらしていました。カウルが付きカッコ良くなっていました。
IMGP0947.jpg IMGP0921a.jpg IMGP0922.jpg IMGP0923.jpg 

IMGP0932.jpg IMGP0945.jpg  IMGP0933.jpg IMGP0930.jpg 

さて私は・・・ようやく形になったばかりのパイプフレーム・ジュノオを連れて参加しました。
作業場付近ではなかなか出来なかった走行テストを・・・イベントに混ざってやってみようという下心です(笑)
カブクラスの先導走行(フルコース3週、約15㎞)の完走が目標です。
IMGP0927.jpg

走行まで少々時間が有りましたので、レーシングコース外周を走ってみました。
直進もカーブも坂も不安なく走れましたが、ちょっとカーブで重心が前寄りに出やすい気がしました。
着座位置がオリジナルより少し後ろになっているからかも知れません・・・しかしすぐに慣れました。
駐車場に戻ってから、何人か乗ってもらいました。結構皆さん面白がって下さいました^^
エンジン上の荷台を見て・・・「おっ餅焼き網?」「お弁当暖められそう!」という感想有りました。いい使い方かもしれません(大笑)
IMGP0944.jpg IMGP0940a.jpg IMGP0937a.jpg

時間になり、コースを走りました。自分は何か落としたら(分解したら)怖いので、最後尾を行きました。
様子を見ながらの走行でしたが、3週無事に走れました。
しかし戻ってからキャブレターのオーバーフローとミッションオイル漏れが起きていました・・・
ミッションオイルはブリーザーから吹いた様で、ケースからの漏れではなくホッとしました。ミッションオイルの入れ過ぎていたようです・・・キャブレターはフロートのパンクでした(汗)
しかしフレームはおかしな挙動も出ずスムースに走れたので、走行テストは合格かなと思います^^
小トラブルを改修したら、ナンバー取得し公道デビューを目標にまた作業してみようと思います。
IMGP0942a.jpg



関連記事

[2016/01/05 21:38] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(0)

近況 

今年も残すところもう1日となりました。

今年は・・・特に思い出に残る出来事の多い年だった気がします。
その中でも「ジュノオスクーターの集い」が、自分の中で特に嬉しかった出来事でした。
海を越え、山を越え、街を越えて集まったジュノオ乗りの方々とお会いでき、お話し出来たのも勿論ですが
ジュノオに関心有る方も意外と多く居る事を、知ることが出来た貴重な機会でした・・・楽しかったです。
1435582156209a.jpg DSC_0131a.jpg
  
あと「絵に描いた餅」のままの計画を実行に移せたのも、今年の印象に残る出来事でした。
ブログ記事ではフレーム搭載で止っていますが、実はもう出来上がっています。
下記に転載しました来年の1月3日のイベントに持っていき、初走行を試みようと思っております。
制作の詳細はまた記事に書きます。
IMGP0919a.jpg

おっと、記事を書いているうちに31日になってしまいました(汗)
では皆さま、新年1月3日にツインリンク茂木でお会いしましょう
本年はほんとうにありがとうございました。来年も宜しくお願い致します。


★★新年 ツインリンクもてぎ走行会のお知らせ★★

毎年恒例のツインリンクもてぎ走行会です。

期日 2016年1月3日

集合時間 11:00ツインリンクもてぎ第2パドック
水戸藩カブ特設駐車場

走行料金 2700円

クラス分け、レーサー、大型、カブクラス、の3クラスです

排気量は小さい方が楽しめます

★入場の際は水戸藩カブ走行会と言って入れます

走行開始は13:00頃です

走行前に注意事項のお話が有りますのでタワー内のブリーフィングルームに12:00頃までに集合して下さい。

詳細は水戸藩カブ事務局に連絡下さい

水戸藩カブ事務局 阿久津📱090ー2311ー7518


関連記事

[2015/12/31 00:22] のきした | TB(0) | CM(2)

「絵に画いた餅」の実現を目指して モーターサイクル型ジュノオ製作 フレーム搭載編③ 

レーザー水準器を使った確認で、ステー溶接位置が決まりました。
後は溶接機の有る大家さんの作業場に持って行き、溶接するだけです。

しかしこのまま移動できません・・・分解し溶接場へ運び、また組み立てる必要が有ります。
何処で組み立ててもきちんと位置が出るように、仮留め方法を考えました。
特に基準にしていたフレーム後方の支持ステー金具は厚手のL型アングル材で作り直し、ひずみが出ても負けない様にしっかり作りました。
フロントも仮のステー金具を位置決めしてからボルトで締め付け。
フレームとエンジンを分離して移動しても、通しシャフトを差し込めばすぐ正しく組めるようにしてみました。
IMGP0679a.jpg 3g.jpg  3f.jpg

溶接作業の日取りが少し先になり時間が出来たので、フロントホイールも組んでみました。
シルクロード250のハブとアルミの18インチリムが手元に有ったので、スポークを切り調整して組んでみました。少々大きいかな・・・
また画像撮り忘れましたが、リアショック取り付け用の受け金具も製作。溶接後転がして戻って来れるようにしました。
4b.jpg 4c.jpg

溶接する当日、大家さんの作業場へフレームとエンジンを分解して運び、再組立して溶接作業です。
再組立の際は念の為、レーザー水準器を当てながら行いました。

大家さんと2人がかりで溶接・・・とうとうフレームとエンジンが合体し、自立しました!
フレーム姿勢も一応計画通り狂い無く出来ました。フレームとエンジンの脱着もオリジナル車に倣い、エンジンの上からフレームを被せて行う様にしました。
しかし、こうして見ると前後輪がかなり異径な不思議な乗物です。これから外装を考えるのですが、アメリカン風に持っていけるのかな・・・ちと不安です(笑)
5a.jpg

5c.jpg

まだまだ作業は続きます・・・

関連記事

[2015/11/06 18:53] 新型?ジュノオ号 | TB(0) | CM(0)

「絵に画いた餅」の実現を目指して モーターサイクル型ジュノオ製作 フレーム搭載編② 

3b.jpg
作業場近隣の方にレーザー水準器を借りて、フレーム搭載の位置確認をしています。

ジュノオのエンジン&ミッションケースは合わせ面が中心です。
前後に長いので基準を正確に取れそうです。しかも後輪もエンジン造り付けで後輪の中心線も一緒に出せるので分かりやすいです。
これを目安にレーザー線を当て、フレームの中心と水平を合わせました。
3a.jpg

まず始めに溶接留めする箇所を決めました。
左画像はフレーム後方、スイングアームシャフトピポッド穴を使って、アングル材を組み合わせて固定する事にしました。エンジン側からもアングル材を出して、がっしりした固定箇所にしようと思います。
右画像の前側は丸棒でカラーを作り、左右クレードルに溶接して固定します。
この二箇所をまずしっかり固定後、下回りにステーを追加しようと思います。
3c.jpg 3d.jpg

レーザーを当てて分かったことが一つ有ります・・・このフレーム、メインビームが曲がってます(汗)
解体され売っていたモノでしたが、解体されるだけの訳があったと言うわけですね・・・
また自分はクレードルをクルマのジャッキで広げましたが・・・それも均一に広がっておらず、偏っていた様です( ノД`)
ですので位置決めはステム垂直を重視し、続いて後方のフレーム中心も測り合わせました。

果たしてこの方法が合ってるのか?不安でなりませんが・・・続きます

関連記事

[2015/10/27 23:21] 新型?ジュノオ号 | TB(0) | CM(2)

「絵に画いた餅」の実現を目指して モーターサイクル型ジュノオ製作 フレーム搭載編① 

2a.jpg
エンジンの搭載時水平を出してみて、フレーム姿勢を考えています。
三又やフロントフォーク、前輪は手元に有ったCL90のものを仮で使っています。
フレームの前の方を持ち上げてみたり、後ろを上げてみたり・・・姿勢は悩みました。結局リアホイールが10インチのままの為、アメリカン風にする方向で決めました。
2b.jpg

ジュノオのエンジンは全体的に、結構前傾姿勢で搭載されているようです。画像では前のめり気味に見えますが、センタースタンド&ヘッドの冷却フィンはこの位置で水平になりました。
メインスタンド&サイドスタンドはジュノオのものをそのまま使うことにしました。

固定箇所も見えてきました。
今回自分はエンジン側のボルト穴を使い、シリンダー背面の上下、エンジン最後部の発電機付近上下で片面4箇所、計8箇所で留めてみることにしました。
この固定点8箇所のうち、エンジン前方と後方の2箇所に貫通ボルト穴があります。これを使えばエンジンをジグ代わりにして左右水平も出す事ができそうです。
2c.jpg 

次回はレーザー水準器を使っての位置決めをやってみます・・・
関連記事

[2015/10/26 00:19] 新型?ジュノオ号 | TB(0) | CM(0)

「絵に画いた餅」の実現を目指して モーターサイクル型ジュノオ製作 着手編 

ご無沙汰をしております・・・

もう何ヶ月も経ちましたが前記6月のジュノオの集い以降・・・旧車仲間の間でジュノオについての話題や、関心持って下さる方からの質問やお話も増えてきたような気がします。本当に嬉しいです。
また次に集まる機会が有ったら、何台か増えているかも?そんな期待も夢ではなさそうです。

そんな中、自分の中で何か湧き上がってきた衝動が有ります・・・
「ジュノオのエンジンを使ってパイプフレームのモーターサイクルを作りたい」という5、6年前からの思い付きです。
自分はそれを「絵に画いた餅」計画と呼んできました・・・
思いついた当初は作業を具体的に考えられる環境になく、またフレームを切り貼りする為の道具&設備の用意も難しく、やったことも無い作業ですし全く自信が有りませんでした。まさに自分の中だけの夢物語でありました・・・。
それでも完成予想を描きなおして構造を考えてみたり・・・候補のフレームを入手してみたり・・・詳しい方に加工方法を教えて貰ったりしていました。

今年の夏頃ようやくやってみる決心がつき、現在使わせて貰っている作業場の大家さんにも相談して、溶接設備&技術の協力をして戴ける後押しを得られました。
それで少しづつ作業を始めました。

使えるかな?と入手しておいたフレームがこちら・・・カワサキ・エリミネーター125のフレームです。
a_20100523235758.jpg 画像 003 画像 001

ジュノオのエンジンは全長が長く、スイングアームやリアホイールまで一体です。
これを収めるには、エンジンの上から被せ抱える様なマウント方法に成るだろうな、と考えました。
被せるとなると、だいたい箱型でスイングアーム支点付近に複雑な構造が無いフレームでないと難しいな・・・とも思いました。
140417_130029.jpg 
しかし探すとなかなか見つかりません・・・殆どがステムからのメインビームとスイングアーム支点を連結してあったりして、うっかり切り離してはまずそうな構造のフレームが多かった気がします。
旧車のフレームには使えるかも!?と思える格好のモノも有りましたが・・・
シンプルで堅牢そうで、なおかつ入手し易いモノを!と考え探し、やっとこのフレームに行き当たりました。

左右クレードルを連結しているパイプを切り取り、エンジン幅に合わせクレードルを広げました。
広げるのは画像左のフレーム・クレードル前方部分です。後方スイングアーム付近の幅はエンジンに干渉無い程度の充分な幅が有りました。
まず前側の連結パイプを切り取り、車載パンタジャッキをかませて慎重に少しづつ広げ、エンジンを跨げる位になってから後部の連結パイプを切り取りました。
画像 005 画像 004 

フレーム左右クレードルを広げ、エンジンに被せてみた所です。干渉する場所が無いか、固定できそうな所を確かめています。
シリンダーをフレーム内側に抱え込めないか?と苦心したのですが、無理でした・・・エンジンとミッションを分離して知恵の輪しないと難しそうでした。
シリンダー背面にクレードルが来るマウントが果たして有りか駄目なのか・・・不安も有りましたがこの形で固定点を探る事にしました。
1b.jpg 1a.jpg

次記事へ続きます・・・
関連記事

[2015/10/23 22:54] 新型?ジュノオ号 | TB(0) | CM(2)

『JUNOスクーターの集い』無事終了の御礼 

1435582156209a.jpg
今回のイベントの全日程を終えて、本日夕方帰宅しました。
この度は参加して下さったオーナーの皆様や、前夜当日駆けつけて下さった皆様、ご協力下さった皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

このイベントの為に、なんと九州からフェリーで海を越え、ジュノオと共に駆けつけて下さった方が有りました。
サプライズ?でT360トラックでジュノオを車載して来て下さった方も有りました。
当日、コレクションホールまで仕上がりたてのジュノオで、自走参加して下さった初対面のオーナー様も有りました。
会場にはM85型が8台も揃い、超希少なK型&KA型まで参加して下さいました。サプライズで動く姿やエンジン音まで披露して頂けました。10台もジュノオが並ぶなんて・・・夢にも思っていませんでした。
また前夜の宿舎に、当日の会場に立寄って下さった方々も多数有りました。
DSC_0116.jpg DSC_0117a.jpg DSC_0118.jpg DSC_0120.jpg
DSC_0122a.jpg DSC_0129a.jpg DSC_0131a.jpg

準備の段階から開催場所の交渉、イベント告知、前泊宿舎、記念品などの数多くの協力・ご提供を戴きました。
また遠方から貴重な時間を割いて、手間を掛け参加して下さった方も有りました。
ジュノオ号で集まって、他の方の車両を拝見したい・・・」という思い付きに、ここまで付き合って戴けるとは想像もしていませんでした。本当に・・・本当にありがとうございました!!!
このイベントが何かのきっかけになって、ジュノオの情報交換がもっと増えて・・・復活して路上に繰り出すジュノオ号が増えたら嬉しいです。


・・・当日、私は開催の緊張と庶務にあたふたしてばかりで肝心の写真をほとんど撮れていません(涙)申し訳ないです・・・
こちらのお2人のページに多数の写真と共に、詳しいレポが有りましたのでリンクを貼らせて頂きました。
POPM85様のブログ
ホンダT360友の会様のページ
コレクションホールの「クラブミーティングニュース」にも掲載して頂けました。
News from the Honda Collection Hall

関連記事

[2015/06/29 23:03] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(4)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。