走れ!軒下のOHV小隊! 










2月の近況 

DSC_0128.jpg
今月は面白い物が作業場にやって来ました。
ホンダのサービステスター&CDIテスターです。いつも行くひたちなかフリーマーケットで見つけました。
戻ってから、どこが壊れているのかチェックしようと思ったのですが・・・ヒューズが切れていただけで壊れていませんでした!
電流電圧測定の他に点火スパークの強さ、コイルの能力やコンデンサー容量も確認できる機能が有る様です。

CDIテスターの方も数本のアタッチメントケーブルとセットで、スパークが見られる窓が付いていました。
コイルを内蔵していて、確認したいユニットを繋げるだけで動作の確認ができる様です。
なかなか面白い装置でした・・・使い方覚えたら役に立ちそうです。

今月は他にもこんな作業をしています。
OHCエンジンモデルのカブに、OHVエンジン搭載を試みています。
何とかエンジンも搭載成功し自走可能に、電装も6Vレギュレーター化で構成できました。
シリンダーを補修ボーリングに出しているので、戻ってきたら完成できます。
DSC_0101.jpg

またOHVカブのエンジンを使って、クラッチをレバーで操作できる様に実験させてもらっています。
シフトペダルで動くリフターをワイヤーで引ける様に改造、外からケーブルを引き操作する試みです。
リフターは操作し易さを考えボール入りのOHCエンジンの物を使いました。
遠心クラッチ機構は残したので、発進は今まで通りの自動クラッチで走れます。
OHVカブレース全盛時代の先輩方に教わりながら、なんとか形にする事が出来ました。
テストを繰り返してトラブル出しをしていきます。
DSC_0123.jpg DSC_0133a.jpg DSC_0140_20170222234126ee0.jpg


関連記事
スポンサーサイト

[2017/02/23 00:13] のきした | TB(0) | CM(0)

C200祭り開催中 

DSC_0130.jpg
只今作業場では、C200が大集合しております。
C200偏愛者の私としては、嬉しい毎日です(笑)

旧車には何か、呼び合う力の様な物が有るのでしょうか・・・
C200につられてか、珍しいC201までやって来ました(笑)
DSC_0092a.jpg


関連記事

[2017/02/22 23:32] ガレージ | TB(0) | CM(0)

キャリアの取付け 

DSC_0095a.jpg
後ろがつるんと何も無いのも嫌だなと思い・・・キャリアを付けることにしました。
このカバーセットに合わせた細身のキャリアも発売されていたような・・・でも探してもそうそう見つからないと思い・・・
手元に有ったノーマルキャリアを使いました。
そのままでは付かなかったので、ステーを一部分離できるように改造して取り付けました。

スタンドアップに際に取っ手にもなるし、荷物積めるし使い勝手は良くなりましたが・・・なんだか似合わないような??
う~ん・・・違和感を感じます(;^_^A 
そのうち見慣れるかしら?(笑)
DSC_0096.jpg


関連記事

[2017/01/26 00:15] Cubra SPD100搭載車 | TB(0) | CM(0)

CB72クラッチ整備 操作負荷の軽減作業 

DSC_0087.jpg
CB72のクラッチ整備をしています
クラッチ板交換の他、ハウジングの段付き磨き等をします。
クラッチレバーを握った際、ハウジング内のクラッチ板が均一に持ち上がってくるか確認もします。
動きに偏りがある場合、均一になる様にスプリングのボルトにシムを入れるなどして押え強さを調整する事も有ります。
この確認&対策で切れやチェンジ(ニュートラル出し)がスムースに出来るクラッチを目指します。

レリーズアーム側も、レバーを一杯に握った際アームが直角になる様に調整。
インナー長さが足りないなど、必要が有ればワイヤーも現代車と同じ材料(メッシュワイヤ―等)で作ります。タイコは強度を考え、ロウ付けで制作します。
個体差は有りますが、この作業でクラッチレバー操作負荷をかなり軽くできます。CD90と同じ位の軽さになった72も有ります。
この車両はそこまで軽くはならなそうですが、スパッと切れて操作負担の少ないクラッチにできそうです^^♪
DSC_0082.jpg DSC_0088.jpg


関連記事

[2017/01/18 23:23] ガレージ | TB(0) | CM(0)

カブラとSPEED製エンジン 

DSC_0040a.jpg
昨年末やってきたカブラ号
眺めているうちに面白くなり、自家用にして乗ってみる事にしました。

載っているスピード社製100ccエンジン・・・存在を聞いてはいましたが、間近に見るのは初めてです。
50㎜×50.1㎜とボアストロークが本家と違い、沖縄で生産されていた・・・位の情報しか知りませんでした。
ブログ等にアップされている情報によれば、6.5ps/7500rpmのスペックだそうです。
キャブレターはPC20が、マフラーはタイカブ用のホンダ純正マフラーが付けられていました。
マフラーは上向き気味でリアケースカバーに干渉していた為、ステー穴やエキパイ曲りを調整して水平にしました。
DSC_0041.jpg

セルが空回りしていたので見てみると、セルチェーンが切れ腐っていました(汗)
錆を落として部品やシール等を見てみた所、幸いにも傷んでおらず使えました。手元に有った大陸製セルチェーンを掛けようとした所・・・おっと、チェーンが2コマ余ってしまう? 
ワンウェイ側スプロケットのサイズが大陸製より小さい様でした。切り縮めて取り付けました。
本家のチェーンが合うのか、機会有ったら試してみようと思います。
DSC_0043.jpg

左側ケース内を見た後やはり内部が気になり・・・クラッチケースも開けてみました。
中の仕組みはタイカブや、最近のインジェクション110カブとよく似ています。内部はスラッジも少なく大変綺麗でホッとしました。
2次クラッチのリフターアームにシューの様な部品が有り、シフトUP操作時に遠心クラッチベルの外側に当たる様になっています。
これはホンダENGには付いて無かった気がします・・・チェンジのショックを和らげる工夫でしょうか。
DSC_0077.jpg DSC_0078.jpg

外を少し乗り回してみました。
出足は100㏄にしては控えめな印象で、スムースにスルスル・・・と出ます。大陸製ENGのドッカントルクをイメージしてましたので意外でした。
チェンジしての加速感もやはり控えめな印象です。現行の110カブと競争したら確実に抜き去られてしまうと思います(笑)
しかしエンジン回転をまわし気味にしても振動やノイズも少なく、滑らかに伸びていく感じは良かったです・・・近所の4号バイパスの流れでも楽に走れました。
フロントに付いているビックドラムブレーキも良く効き停まれます。なかなかいい足になりそうです^^♪
リアキャリアでも作って付けて、しばらく散歩に使います。
DSC_0081.jpg


関連記事

[2017/01/14 01:01] Cubra SPD100搭載車 | TB(0) | CM(2)

2017年 今年も宜しくお願い致します。 

2017年最初の記事です
今年もOHV小隊を宜しくお願い致します。<(_ _)>

本日、走り初めをしてきました。
R50、道の駅思川に集合。
戦前ダグラス号からメグロS3、メグロSG、CB93等が集いました。
自分はCB72で参加しました。
DSC_0049.jpg

野木神社、渡良瀬遊水地を回り太平山へ向かいました。
太平山の焼き鳥と卵焼きがおいしいお店で昼食です。見晴らしの効く所からは、遠くスカイツリーが見えていました。
DSC_0052a.jpg

さて、作業場も仕事始めです。
昨年からの繰り越し作業の他、こんな車両も触ることになりました。
車体はC70、懐かしいカウルと最近見掛けなくなった珍エンジン(スピード社製SPD100 セル付き100cc 4速)が載っています。
フロントブレーキも90カブ最終型のビックドラムブレーキが付いてます!
水戸藩カブ恒例の「日の出&日の入り、また日の出ツーリング」等にもってこいの車両になりそうです(笑)
DSC_0039.jpg


関連記事

[2017/01/06 22:42] のきした | TB(0) | CM(0)

OHV小隊 輸送機の更新 

夏より怠けていましたブログ・・・
来年2017年こそ定期的に書こうと決心しまして、今年も僅かですが近況を書くことにしました。

先月末、小隊の輸送役車両が壊れてしまい、思い切って買い換えました。
愛用してきた平成12年式三菱タウンボックス・U64W型・・・走行が20万kmを越えた頃から急に速度が出なくなってしまい、ついに60km/hを出すのがやっとになってしまいました。
不調の原因が分らないか、また治せないかと調べましたが・・・初期のツインカム・20バルブターボ型の中古部品もなかなか見つける事が出来ず、ディーラーに頼ると予算が厳しくて自分では持て余してしまいました。
他に不具合は全く無く、気に入って乗っていただけに大変残念でしたが・・・泣く泣くお別れとなりました。
最終走行距離は21万2千キロ、我が家にやって来てから約15年経っていました。
DSC_0007a_2016122723265855d.jpg


次代輸送機はホンダのアクティ・ストリートにしました。
この車は神戸からやって来ました。最近では珍しくなってきた550㏄です、平成元年式でした。
今の軽自動車より一回り小柄なものの積載能力が意外と高く、250㏄クラスでも楽に積込みできました。
また燃費も1リッター辺り17~19㎞走ります。以前の三菱の13㎞/Lに比べ大幅に伸びたので助かります。
古いですが、トランポとしてこれからの活躍が期待できそうです。
DSC_0022_20161227233536d81.jpg

作業場の方も本年は1000ccから50ccまで、年式も1950年代から2015年まで・・・全部で31台お手伝いさせて戴けました。本当に有難うございました。
来年に持ち越しになりますが、今はC100マニュアルクラッチ化&ボアアップ、CB72クラッチレバー操作の軽減化、OHCカブにOHVエンジン搭載・・・等を作業しています。完成が楽しみです。
IMG_20161126_192106.jpg DSC_0019a.jpg

関連記事

[2016/12/27 23:32] のきした | TB(0) | CM(0)

24時間チャレンジ1000㎞ 参加報告 

先週末参加してきました今年のOHVカブ24時間チャレンジ1000㎞
私は途中で熱中症になってしまいました・・・途中離脱し宿で一泊、17時間ほど遅刻し「御前山・星降る里」に戻りました。
一緒に走っていた仲間の看護士さんが残り付き添って下さり、無事に自走で戻る事が出来ました。感謝です。

1469954411448.jpg

戻って聞いたところによれば、OHVカブの時間内完走も7、8人ほど(?)有り
一緒に走っていた阿久津さん隊も26時間ほどで無事戻られたそうです。
参加された方々も全員戻られ、帰宅されたと聞きました。皆さんタフですね!本当にお疲れ様でした。

私は曇り空が多くて思ったより暑くならなかった前半行程に少々油断しており、富山区間までジャケットを着たまま走っておりました。
富山は暑かったものの風があるし大丈夫かな?と思ったのですが・・・気が付かないうちに体が煮えてしまったのですね(-_-;) 不思議と水分を欲しなくなり2時間ほど走ってしまいました。 
直江津付近で視界が黄色っぽく見え始め、頭痛が始まり異常を感じ・・・新潟県小出でついに動けなくなってしまいました。
かたや乗っていたC105は終始好調・・・人間の方が先に故障してしまったわけです(笑)
1470053764322.jpg

やはりチャレンジ1000は厳しい・・・慎重に考えて走らないといけませんね。
来年はもちろんリベンジ参加したいと思います。

関連記事

[2016/08/07 00:40] イベント・ツーリング | TB(0) | CM(0)